津田幹土

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
つだ かんと
津田 幹土
本名 津田 幹土
生年月日 (1991-09-26) 1991年9月26日(31歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 174cm
血液型 O型
職業 俳優
ジャンル 舞台
活動期間 2011年 -
主な作品
魍魎の匣・PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて・Casual Meets Shakespeareシリーズ
テンプレートを表示

津田 幹土(つだ かんと、1991年9月26日 - )は、日本俳優である。

略歴[編集]

明治大学文学部出身。2011年より明治大学シェイクスピアプロジェクトに参加。卒業までの3年間俳優として在籍。卒業後はフリーで活動し、松崎史也演出作品に数多く出演。一方でドラマ出演やナレーションなどでも活躍。

人物[編集]

  • 誕生時、父親は海渡[かいと]という名前をつけるつもりでいたが、祖父に、氏名4文字のうち3文字にさんずいが付くと水難に見舞われる、と忠告され、響きの似た幹土になった。水(津のさんずい)と木(幹)と土を持つので、(太陽の)光があたる生き方をすれば立派な人物になる、という希望が含まれている。
  • スポーツ全般を好み、野球選手・サッカー選手とも交流がある。学生時代、バレーボールをやっていたが、身長174cmのため花形選手にはなれなかった(ポジションはレフト)。
  • TEAM NACSのマニアである[1]。『PARAMUSHIR』出演時に、メンバーよりもTEAM NACSに詳しく”歩くNACSpedia”と称される。TEAM NACSの曲でアップ(演技前の準備体操)することもあり、メンバーに「気持ち悪い」と苦笑されたエピソードも持つ。[2]
  • 親が京都府出身のため、関西弁も話すことができる。
  • 2019年より「田口涼のなんばりんぐイベント」に参加(イベントレギュラーメンバーとしてのことを”たぐイベメンバー”と称する)
    たぐイベメンバー 担当ナンバー:4 担当カラー:オレンジ

出演[編集]

舞台[編集]

2011年
  • 明治大学 第8回シェイクスピアプロジェクト『冬物語』(11月18日 - 20日、明治大学 アカデミーホール) - カミロー 役
2012年
  • 空かると 旗揚げ公演 『農業少女』(4月12日 - 14日、明治大学和泉キャンパス 第一校舎005教室)
  • 明治大学 第9回シェイクスピアプロジェクト『お気に召すまま』(11月9日 - 11日、明治大学 アカデミーホール) - 前公爵 役
2013年
  • 空かると 第二回公演『東京駅』(2月14日 - 17日、明治大学アートスタジオ)
  • 明治大学 第10回シェイクスピアプロジェクト『ヘンリー四世』(11月8日 - 10日、明治大学 アカデミーホール) - ヘンリー四世 役
2014年
  • 空かると 第三回公演『想稿 銀河鉄道の夜』(2月12日 - 14日、明治大学アートスタジオ)
  • 『ジャンヌダルク』(10月7日 - 24日、赤坂ACTシアター/11月23日 - 24日、KAAT 神奈川芸術劇場) - エキストラアンサンブル
2015年
  • 『WORLD 再演』(7月30日 - 8月2日、東京芸術劇場 シアターイースト) - ヴェルト兵 役/オウル戦士 役(アンサンブル)
  • Casual Meets Shakespeare『The Twelfth Night』(10月28日 - 11月1日、新宿シアターモリエール) - 船長・神父 役(Bチーム)/トービー 役(Yチーム)
2016年
  • DART'S『賢者の惡計』(1月19日 - 24日、ギャラリーLE DECO)
  • クジラの子らは砂上に歌う 初演』(4月14日 - 19日、AiiA 2.5 Theater Tokyo) - アンサンブル
  • Casual Meets Shakespeare『A Midsummer Night’s Dream~夏の夜の夢~ 再演』(6月1日 - 5日、ラゾーナ川崎プラザソル) - シーシアス 役(夏チーム・夏夜SP)
  • 空かると 第四回公演『贋作 罪と罰』(7月1日 - 3日、新生館シアター)
  • Casual Meets Shakespeare『Macbeth SC』(10月13日 - 17日、川崎ラゾーナプラザソル) - ロス 役(Sチーム)
2017年
  • TRIBE 2nd『prey on』(1月25日 - 29日、八幡山ワーサルシアター) - 峰村ほむら 役
  • 『龍よ、狼と踊れ〜Dragon,Dance with Wolves〜』(3月8日 - 20日、CBGKシブゲキ!!) - アンサンブル
  • 『恋文ガール 再演』(5月24日 - 28日、シアターKASSAI) - 吉田ヨシハル 役
・朝劇下北沢『いつものいつか』(7月2日、CAFE VIZZ) - ゲスト出演
  • ぱるエンタープライズ・劇団アルファー合同公演『葬送狂奏曲』(8月2日 - 6日、TACCS1179)
  • Casual Meets Shakespeare『じゃじゃ馬ならし』(11月3日 - 12日、川崎ラゾーナプラザソル) - バプティスタ 役(Bチーム)
2018年
  • TEAM NACS 第16回公演『PARAMUSHIR〜信じ続けた士魂の旗を掲げて』(2月3日 - 4月1日、TBS赤坂ACTシアター 他) - アンサンブル
  • 『アリスの愛はどこにある 再演』(4月25日 - 29日、新宿シアターモリエール) - ノア 役(♠️チーム)
  • 劇団TEAM-ODAC『猫と犬と約束の燈2018-夏』(7月7日 - 16日) - ♪チーム
  • Casual Meets Shakespeare『Hamlet SC』(9月28日 - 10月8日、ラゾーナ川崎プラザソル) - ローゼンクランツ 役(Sチーム) 
  • 劇団時間制作 第十八回公演『こっちとそっち』(11月14日 - 15日、萬劇場) - Aチーム
2019年
  • Yプロジェクト×Zero Project×E-Stage『カルパノーラマ』(1月23日 - 27日、渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール)
  • ノーマンズルーム第一回公演『フラグメント』By もぴプロジェクト(3月6日 - 10日、ひつじ座)
  • UZR 第三回本公演 『彼は誰時の桜』(3月29日 - 4月7日、新宿御苑サンモールスタジオ)
  • 魍魎の匣』(6月21日 - 30日、天王洲 銀河劇場/7月4日 - 7日、AiiA 2.5 Theater Kobe) - 増岡則之 役
  • UZR 短編作品集『GIFT』(11月20日 - 25日、高田馬場ラビネスト) - 津田 役、他
  • UZR 第四回本公演 『クリスマスができるまで』(12月18日 - 25日、新宿コフレリオシアター) - 白石内蔵助 役
2020年
  • Daisy times produce『夏の泡沫うたかた、波に消えて』(9月2日 - 6日、萬劇場)
2021年
  • フリスティエンターテインメント公演 『招き猫のバンケット〜栄正夢幻目録〜』(2月3日 - 7日、上野ストアハウス)※公演中止[3]
  • 文学戯劇-宮沢賢治-『星紡ギの夜』(4月22日 - 25日、IMAホール) - 楽長・大学士A 役、他[4]
  • フリスティエンターテインメント公演 『ミライは僕等の手の中』(5月19日 - 23日、シアターKASSAI)[5]
  • Daisy times produce番外編公演『ハナコトバ vol.1』(6月11日 - 13日、赤坂チャンスシアター)[6]
  • UZR『この夏から一番遠い群青を探して』(8月28日 - 9月6日、劇場MOMO)[7] - 蛍原泳人 役[要出典]
  • Alexandrite Stage『The Great Gatsby In Tokyo(Garberaチーム)』(9月28日 - 10月3日、六本木トリコロールシアター) -トム・ブキャナン 役[8]
  • インヘリット東京『ザ・ファイナル・セカンド〜永遠の一秒1989~』(11月5日 - 7日、彩の国さいたま芸術劇場 小ホール) - 原口千里(過去) 役[9]
  • melt//Planet『デバッグログ』(11月24日 - 29日、中野ザ・ポケット)[10]
2022年
  • BANANA FISH」The Stage -後編-』(1月20日 - 2月6日※演出変更公演・中止公演を含む、品川プリンスホテル ステラボール)[11]
  • Daisy times produce『リバース・ワールド』(3月16日 - 20日、中野ザ・ポケット)[12]

イベント[編集]

  • SP/ACE=project公演DVD発売イベント各種
  • 田口涼のなんばりんぐイベント - レギュラーメンバー
  • UZRまったり会 - ゲスト出演
  • 劇場版!たぐコミュ人狼vol.1(2022年4月2日 ラゾーナ川崎プラザソル) - 第一部のみ [13]
  • 安達健太郎と役者が漫才とトークするLIVE(2022年4月16日、池袋西口GEKIBA)

ネット配信番組[編集]

  • 田口涼のなんばりんぐチャンネル[14]
  • 荒田聖×松丸知世×新原美波 WEB RADIOドラマ『snackエイプリルフール』58杯目「令和初の恋愛観」 - ゲスト出演[15]

ドラマ[編集]

  • ブラックペアン[16]
  • IQ246[17]
  • Youtube公開作品・リモートシネマ『それぞれの自宅』 - 第4話出演[18]
  • 朗読劇『それぞれの自宅』[19]
  • YouTube『産経ラストメッセージ・チャンネル』『母の願い』[20]

CM[編集]

  • 進研ゼミ - ナレーション

モデル[編集]

  • メトロポリターナトーキョー カメラ女子の撮影日記12[21]
  • メトロポリターナトーキョー カメラ女子の撮影日記13[22]
  • gekichap 「役者100人展」

演出[編集]

舞台[編集]

  • YuPiMa!「クリスマスカレイド・パーティー」(2020年12月26日 - 27日、Café&bar 木星劇場)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 松尾英太郎 (2018年2月18日). “津田幹土”. 劇団スパイスガーデンBLOG. 2019年11月25日閲覧。
  2. ^ 「幹土のプレゼン企画」「たぐコミュ振り返り」「ファンアート紹介」”. YouTube. 田口涼のYouTubeチャンネル (2020年6月14日). 2020年6月15日閲覧。
  3. ^ 「招き猫のバンケット~栄正夢幻目録~」無期限延期のお知らせ”. フリスティエンターテインメントブログ. フリスティエンターテインメント (2021年1月19日). 2021年2月14日閲覧。
  4. ^ 文学戯劇-宮沢賢治-『星紡ギの夜』公式サイト”. Office ENDLESS. 2021年3月17日閲覧。
  5. ^ フリスティ公演『ミライは僕等の手の中』☆情報公開”. フリスティエンターテインメントブログ. フリスティエンターテインメント (2021年4月3日). 2021年4月4日閲覧。
  6. ^ 過去公演”. Daisy times produce. 2022年8月25日閲覧。
  7. ^ 『この夏から一番遠い群青を探して』”. UZR OFFICIAL WEB SITE. 2021年11月2日閲覧。
  8. ^ CAST/STAFF”. 舞台 『The Great Gatsby In Tokyo』Official Site. 2021年9月11日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2022年8月25日閲覧。
  9. ^ 出演者”. ザ・ファイナル・セカンド 〜永遠の一秒1989〜. 2022年8月25日閲覧。
  10. ^ melt//Planet、2021年10月15日のツイート2021年11月2日閲覧。
  11. ^ 「BANANA FISH」The Stageオフィシャルサイト”. 2022年3月14日閲覧。
  12. ^ 次回公演『リバース・ワールド』”. Daisy times produce. 2022年8月25日閲覧。
  13. ^ "CHASE"&たぐイベ&たぐチャン公式アカウント、2022年3月5日のツイート2022年3月14日閲覧。
  14. ^ 概要”. YouTube. 田口涼のなんばりんぐチャンネル. 2022年8月25日閲覧。
  15. ^ snackエイプリルフール 58杯目【令和初の恋愛観〜一途な男性って素敵ですよね〜】ゲスト 津田幹土”. YouTube. エイプリルフールsnack (2019年5月7日). 2020年5月18日閲覧。
  16. ^ 津田幹土、2018年5月27日のツイート2020年5月20日閲覧。
  17. ^ 津田幹土、2016年11月7日のツイート2020年5月20日閲覧。
  18. ^ 【4話】リモートシネマ『それぞれの自宅』”. YouTube. Performing Lab. (2020年7月23日). 2022年8月25日閲覧。
  19. ^ 朗読劇「それぞれの自宅」(アフタートークあり)”. YouTube. Performing Lab. (2020年12月6日). 2020年12月30日閲覧。
  20. ^ 母の願い~産経ラストメッセージ”. YouTube. 産経ラストメッセージチャンネル (2020年10月22日). 2020年12月30日閲覧。
  21. ^ 人物の自然な表情を引き出す「ポートレート」”. メトロポリターナトーキョー. ファインダーをのぞいて カメラ女子の撮影日記. 産経新聞社 (2019年9月4日). 2020年5月18日閲覧。
  22. ^ 構図や”抜け”でひと味違うポートレート”. メトロポリターナトーキョー. ファインダーをのぞいて カメラ女子の撮影日記. 産経新聞社 (2019年9月18日). 2020年5月18日閲覧。

外部リンク[編集]