波田野節子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

波田野 節子(はたの せつこ、1950年- )は、朝鮮文学者、新潟県立大学名誉教授。

新潟市生まれ。新潟県立新潟高等学校卒、1973年青山学院大学文学部卒業。フランスに渡る。県立新潟女子短期大学教授、新潟県立大学国際地域学部教授。2014年定年退官、名誉教授。2011-12年まいにちハングル講座講師。専攻は朝鮮近代文学。[1]

著書[編集]

  • 李光洙・『無情』の研究 韓国啓蒙文学の光と影』白帝社 2008
  • 『韓国近代作家たちの日本留学』白帝社 2013
  • 『韓国近代文学研究 李光洙・洪命憙金東仁』白帝社 2013
  • 『中・上級者のためのハングル長文読解講座 リスニング問題つき』趙義成 文法監修(オジョンヒ『わたしの心模様』)NHK出版CDブック 2013
  • 『李光洙 韓国近代文学の祖と「親日」の烙印』中公新書 2015

翻訳[編集]

  • 『金色の鯉の夢 オ・ジョンヒ小説集』段々社 現代アジアの女性作家秀作シリーズ 1997
  • 李光洙『無情』平凡社 朝鮮近代文学選集 2005
  • 朴泰遠ほか『小説家仇甫氏の一日 ほか十三編 短編小説集』熊木勉,白川春子, 白川豊,芹川哲世,布袋敏博,山田佳子共訳 平凡社 朝鮮近代文学選集 2006
  • オ・ジョンヒ『夜のゲーム』段々社 アジア文学館 2010
  • キム・ジュンヒョク『楽器たちの図書館』吉原育子共訳 クオン 新しい韓国の文学 2011
  • 『金東仁 (キムドンイン) 作品集』平凡社 朝鮮近代文学選集 2011
  • キム・ジュンヒョク『楽器たちの図書館 ハングル短編小説』NHK出版CDブック 2012

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『李光洙』中公新書著者紹介、および外部リンク

外部リンク[編集]