波多野杜夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

波多野 杜夫(はたのもりお、1941年11月 - )は、日本小説家。本名 波多野忠夫。

略歴[編集]

主な作品[編集]

  • 東京一景(早稲田文学1990年2月号)
  • 脂肪の塊とネコ娘(早稲田文学1990年12月号)
  • 水族館の少年(早稲田文学1992年1月号)
  • パズル新宿編・春夏秋冬(早稲田文学1995年12月号~1996年1月号)
  • 20番ホーム(早稲田文学1996年7月号)
  • 海の色1~25(工房だより・1992年10月15日号~1998年11月17日・波多野忠夫名で)
  • 野ウサギとタマネギ(在京白堊三五会サイト・2007年10月1日・波多野忠夫名で)
  • 海の音、海の色(在京白堊三五会サイト・2007年11月1日~・波多野忠夫名で)

脚注[編集]

  1. ^ 国立国会図書館サーチ. “第6回早稲田文学新人賞発表”. 2011年8月3日閲覧。