法勝寺城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
法勝寺城
鳥取県
別名 尾崎城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 山名氏
築城年 文明13年(1481年)以前か
主な改修者 毛利氏
主な城主 三村家親
廃城年 17世紀初頭
遺構 郭、土塁、空堀、堀切、曲輪
指定文化財 なし

法勝寺城(ほっしょうじじょう)は鳥取県西伯郡南部町法勝寺に存在した日本の城

歴史[編集]

具体的な築城年代は不明だが、法勝寺の地は西伯耆における要衝として重要視されており、比較的早くから築城されていたと思われる。『山名系図』によれば古くは山名満幸が法勝寺周辺を知行していたということからも山名氏による築城と見るのが妥当であろう。

一次史料にみえる初見は文明13年(1481年)9月11日のことである。これを伝える『山名政之書状』によれば、伯耆守護山名政之が対立中であった叔父の山名元之の勢力が籠っていた法勝寺城などを攻撃するために出発したとある。

その後の消息は不明だが、毛利氏の築城伝承が存在することから山名氏衰退後は放棄または著しく荒廃した可能性が高い。永禄7年(1564年)、毛利氏によって修復されると、吉川元春に従属していた備中国有力国人三村家親が城主となった。家親は八橋城を攻略するなど活躍した。関ヶ原の戦い後、伯耆一国の領主として中村一忠が入封すると廃城となった。

なお、麓には一説として山中幸盛に攻められ自刃したという城主・毛利本紹の墓がある。

遺構[編集]

  • 当城は法勝寺川沿いに位置する山の上にあり、中世特有の典型的な山城本丸二の丸で構築されており、曲輪土塁空堀などの遺構がはっきり残っている。
  • 現在は南部町指定文化財であり、また城山公園としても整備されている。

関連項目[編集]