泉滝福治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
泉滝 福治 Sumo pictogram.svg
基礎情報
四股名 泉滝 福治
本名 太田 福治
生年月日 (1854-03-01) 1854年3月1日
没年月日 (1891-11-09) 1891年11月9日(37歳没)
出身 出羽国飽海郡(現:山形県飽海郡)
身長 不明
体重 不明
所属部屋 立田川部屋
大嶽部屋
千賀ノ浦部屋
雷部屋
成績
現在の番付 引退
最高位 西前頭10枚目
幕内戦歴 1勝6敗2分1休(1場所)
データ
初土俵 1879年1月場所(二段目
入幕 1891年1月場所
引退 1891年5月場所
備考
2019年6月23日現在

泉滝 福治(いずみたき ふくじ、1854年嘉永7年)3月1日(旧暦2月3日) - 1891年(明治24年)11月9日)は、出羽国飽海郡(現:山形県飽海郡)出身の元大相撲力士。本名は太田 福治(おおた ふくじ)[1]

来歴[編集]

1854年嘉永7年)3月1日(旧暦2月3日)に出羽国飽海郡(現:山形県飽海郡)で生まれる。1879年1月場所において二段目(現在の幕下)から初土俵を踏み、1882年1月場所で新十両昇進[1][2]を果たすが、すぐに番付を下げてしまい、1886年5月場所で再十両となった。その後も十両の地位で低迷し、新入幕を果たしたのは1891年1月場所、既に36歳に達していた[3]。しかし、この場所を1勝6敗と負け越したことで十両に転落すると、同年5月場所終了後に大阪での巡業中にコレラに感染し、同年11月9日に死去、37歳没[4]

エピソード[編集]

  • 自身唯一の幕内在位となった1891年1月場所6日目の玉ノ井福司戦では、玉ノ井の廻しが外れる珍事が発生している。玉ノ井との間には「新弟子としては高齢での初土俵」「部屋を移籍した」「現役中に死去」の共通点がある。なお、廻しが外れたことについての記録では、1888年1月場所8日目(2月5日)の相生芳藏 - 嵐山捨吉戦で嵐山の廻しが外れて以来、二度目の出来事であるが、その相生も現役中に東京・赤十字病院で27歳の若さで亡くなっている。

出典[編集]

  1. ^ a b http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3510&l=j
  2. ^ ただし番付では東二段目10枚目となり、「十両相当」となった。
  3. ^ 入幕順幕内力士一行紹介・二十(相撲評論家の頁)
  4. ^ 古今大相撲事典(ISBN-13: 978-4336018786)

関連項目[編集]