河辺タウンビル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
河辺タウンビル
KabeTown Building
Ome KabeTown Building 1.JPG
施設情報
所在地 東京都青梅市
座標 北緯35度47分7.2秒
東経139度17分9.3秒
(A)
北緯35度47分7.4秒
東経139度17分6.2秒
(B)
状態 完成
用途 商業施設、駐車場、図書館、公衆浴場
各種諸元
階数 A棟:B棟:5階
エレベーター数 A棟:一般乗用台 3台
人荷用(非常用)?台
B棟:一般乗車台 4台
人荷用(非常用)?台

河辺タウンビル(かべタウンビル)は、東京都青梅市の商業施設ビル。河辺駅北口前の再開発事業によって建設された。

概要[編集]

河辺駅北口再開発事業により、財団法人東京都新都市建設公社による、河辺タウンビル建設および青梅市によるペデストリアンデッキの建設、駅前整備が並行して行われた。河辺タウンビルのA棟には、核テナントとして東急ストア(河辺とうきゅう)が入店。B棟は店舗、青梅市中央図書館温浴(公衆浴場)施設天然温泉デイサービスセンター(2011年9月1日開設)を備えた複合施設である。

駐車場[編集]

河辺タウンビルAにあり、1階の一部および5階~7階はすべて駐車場である。河辺とうきゅうやタウンビルB内の店舗で買物をすると一定時間駐車料金が無料となる。タウンビルBの青梅中央図書館の利用者向け駐車場は、タウンビルAの駐車場を利用し1時間までは無料となる。

テナント[編集]

河辺タウンビルA[編集]

河辺タウンビルA

総合スーパーである「東急ストア」が核店舗となる「河辺とうきゅう」と各種専門店が入る。2007年4月20日オープン。なお、1階フードコートは建築確認の都合上、竣工後の改修工事扱いであったため半年程オープンがずれ込んだ。 2013年12月に2階3階店舗をとうきゅう直営から一部を専門テナント変更リニューアルした。

  • 所在地 - 青梅市河辺町10-7-1(地図
    • 定休日 - 不定
    • 開店時刻 - 午前10時(日曜・祝日は午前9時)
    • 閉店時刻 - 2階:午後10時、1階・3階・4階:午後9時(一部店舗を除く)
  • ポイントカード - TOP&カードが食品街等直営と一部テナント(例えばダイソーや文教堂)で使える。一部店舗では独自のポイントカードやスタンプカードなどとの併用可能。
  • 毎月19日は「とうきゅうの日」として、とうきゅうと専門店でイベントが行われる。
  • テナント他
    • 1階 - フードコート(サーティワンアイスクリームミスタードーナツリンガーハット・ピーコック)・宝くじ・クリーニング・青梅信用金庫ATMほか。
    • 2階 - とうきゅう(食料品)・サンジェルマンやコージーコーナーなどなど食品系テナントなど・東光ドラッグは閉店した、河辺駅への連絡口
    • 3階 - 2012年11月までとうきゅう(衣料品・家庭用品)→12月よりパシオス・マックハウス・美容室ほか
    • 4階 - 2012年11月までとうきゅう(子供用品・文具・書籍)→12月よりダイソー・文教堂(書店・文具)・手芸品店舗・パリミキほか
    • 駐車場

河辺タウンビルB[編集]

河辺タウンビルB

青梅市の公共施設(中央図書館)がメインとなり、ロッテリア[1]などの店舗と温浴施設、天然温泉デイサービスセンター(2011年9月1日開設)が入居。タウンビルAと連絡通路で結ばれている。

  • 所在地 - 青梅市市河辺町10-8-1(地図
    • 1階 ロッテリア河辺北口駅前店・ドコモショップ・社会福祉法人 東京武尊会 青梅河辺温泉デイサービスセンター 湯梅の郷(ゆめのさと)
    • 2階 - 4階 青梅市中央図書館
    • 5階 - 6階 公衆浴場「河辺温泉梅の湯」

脚注[編集]

  1. ^ 2018年5月現在、西多摩地域唯一の店舗となっている(ロッテリア公式サイト・店舗情報・東京都 23区外)。

外部リンク[編集]