沖縄全島エイサーまつり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
沖縄全島エイサーまつり
Okinawa Zento Eisa Matsuri
イベントの種類 祭り
開催時期 旧盆の翌週末
会場 沖縄市
主催 沖縄全島エイサーまつり実行委員会
来場者数 約30万人
公式サイト

沖縄全島エイサーまつり(おきなわぜんとうえいさーまつり)は、沖縄県沖縄市で毎年旧盆の翌週末に開催される沖縄県内最大のエイサーイベントである。3日間に渡り開催され、述べ30万人あまりの観客動員数を誇る。

歴史[編集]

沖縄全島エイサーまつりは1956年に旧コザ市(現・沖縄市)誕生の年、市主催の全島エイサーコンクールという形で開催されたのが始まり。開催されるきっかけとなったのは、米国民政府によるオフリミッツの発布。[1] 旧コザ市の商工業者は基地依存の形で発展していたため、経済封鎖ともよるオフリミッツにより大打撃を受ける。そんな希望を失いかけていた中、元来よりエイサーが盛んに行われていた旧コザ市は商工会が中心となり、「エイサーで元気を取り戻そう!」とコンクールを開催。1977年の第22回大会より現在の「沖縄全島エイサーまつり」として開催されるようになった。現在は3日間開催となり、延べ30万人の観客動員数を誇る、県内最大のエイサーイベントとなる。

開催状況[編集]

第60回(2015年)は 9月4日(金)、9月5日(土)、9月6日(日)に沖縄市陸上競技場胡屋十字路周辺にて開催された。

エイサーナイト[編集]

6月13日から、本祭開催までの期間に沖縄市内の数カ所で毎週末、エイサーナイトと称するイベントが行われる。[2]

参考文献[編集]

  • 「エイサー360度」(発行/沖縄全島エイサーまつり実行委員会発行) ISBN 9784890951116
  1. ^ 弾圧政策・オフリミッツ”. 沖縄県軍用地等地主会連合会. 2016年7月6日閲覧。
  2. ^ エイサーナイト”. 沖縄市観光協会. 2016年7月6日閲覧。

外部リンク[編集]