沖縄のロゼッタストーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

沖縄のロゼッタストーン(おきなわのロゼッタストーン)は沖縄県で発見された線刻石板である。

1933年、沖縄県中頭郡嘉手納町野国総管の墓付近において、熊本医科大学(現熊本大学)学長・山崎正董と沖縄研究者・島袋源一郎により発見されたのが最初とされている。

2008年現在までに13枚発見されており、のちに1枚紛失、現存12枚。一部が沖縄県立博物館・美術館に収蔵されている(資料名:線刻された石版)。内容は船や農業作業、建造物や動物だと思われる絵のほかNや十などの簡単な文字模様が石板一面に刻まれている。年代は不明であり、どの民族かもどこの文明由来のものかも不明である。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]