池田正辰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 正辰(いけだ まさとき、1916年3月7日-1982年5月30日[1]は、日本政治家鹿児島県姶良郡蒲生町長(3期)[1]

鹿児島県蒲生町(当時・蒲生村、現・姶良市の一部)出身[2]鹿児島県立第二鹿児島中学校 (旧制)第七高等学校造士館 (旧制)を卒業し、京都大学経済学部へ進学[2][3]日本石油株式会社勤務の後鹿児島県庁職員となり[1]、鹿児島県東京事務所長などを歴任[3]。その後、郷里の町長選に出馬当選し1973年5月より第11代蒲生町長[1]。在職中は生活環境の整備や住民の福祉増進に尽力した[1]。3期目を満了せず逝去[1]

オペラ歌手の池田直樹は息子[4]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 蒲生郷土誌編さん委員会『蒲生郷土誌』(蒲生町、1991年)422頁、907頁
  2. ^ a b 片平恒文 編『鹿児島を動かす人びと』(維新社、1968年)
  3. ^ a b 七高史研究会『七高造士館で学んだ人々 改訂版』(2001年)
  4. ^ 蒲生町町制80周年記念事業 郷土出身者講演会(関東龍門会pdf)