池田哲夫 (実業家)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池田 哲夫(いけだ てつお、1959年2月23日[1] - )は、日本実業家小松マテーレ代表取締役社長や、日本染色協会会長、日本繊維産業連盟副会長を務めた[2]

経歴[編集]

石川県出身[2][3]石川県立寺井高等学校を経て[3]、1981年京都産業大学経済学部卒業[2][3]。京都産業大学ユースホステルクラブ出身[2]。同年小松精練(現・小松マテーレ)入社[1][2][3][4]。長く営業を担当し、小松精練営業第3部長等を経て[2]、2006年3月に小松精練上席執行役員営業本部長補佐兼第1事業部長兼資材第2営業部長兼大阪営業所長に就任[1]。2006年6月に上席執行役員、2007年6月に取締役上席執行役員、2009年6月に常務執行役員に就任した[1]。2011年1月から小松精練代表取締役社長を務め[1][2][3][4]、新分野開発や隈研吾とのコラボなどを行い、業績拡大を進めた。2013年に日本染色協会会長に就任[5]。2018年に小松マテーレへの商号変更を行い[6]、同代表取締役社長となる。日本繊維産業連盟副会長等も歴任。2019年3月30日に、一身上の都合により社長職を辞職した[4]

人物[編集]

家族として妻と長男、次男がおり、長男は独立している。1、2月以外には健康維持のため毎週末にゴルフを行っている。好きな本として松下幸之助稲盛和夫永守重信といった、力のある人物を題材にした本を挙げている。好きな球団は読売ジャイアンツ、力士は大鵬、政治家は田中角栄であり、その理由として「強いものが好きだから」と語っている。座右の銘は「努力に勝る天才なし」[2]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 小松マテーレ(3580):有価証券報告書-第107期(平成30年4月1日-平成31年3月31日)”. 日経会社情報DIGITAL. 日本経済新聞社. p. 26 (2019年6月24日). 2020年6月6日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h “繊維業界版の“インテル” 小松精練・池田哲夫社長「日本が世界に勝てるのは加工技術しかない」”. zakzak (産業経済新聞社): p. 3. (2018年5月29日). https://www.zakzak.co.jp/smp/eco/news/180529/eco1805290007-s3.html 2020年6月6日閲覧。 
  3. ^ a b c d e 藤枝, 克治 (2018年9月25日). “技術力とコスト力を備えた素材づくり 池田哲夫=小松精練社長”. 週刊エコノミスト (毎日新聞社). https://www.weekly-economist.com/20180925keieisha/ 2020年6月6日閲覧。 
  4. ^ a b c “小松マテーレ、池田社長が9月30日付で辞任 後任は未定”. 日本経済新聞. (2019年9月3日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49363160T00C19A9LB0000/ 2020年6月6日閲覧。 
  5. ^ “日本染色協会、会長に池田氏”. 日刊工業新聞. (2013年6月19日). https://www.nikkan.co.jp/articles/view/257635 2020年6月6日閲覧。 
  6. ^ “10月から「小松マテーレ」に 小松精練が社名変更 9月末の臨時株主総会で決定”. 日本経済新聞. (2018年7月30日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33574260Q8A730C1LB0000/ 2020年6月6日閲覧。 
先代:
蓮本英信
小松マテーレ(旧小松精練)社長
2011年 - 2019年
次代:
中山賢一