石川県立寺井高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
石川県立寺井高等学校
過去の名称 石川県立小松高等学校
寺井分校
国公私立の別 公立学校(県立)
設置者 石川県の旗 石川県
学区 全県一学区
併合学校 石川県立小松高等学校
根上分校・辰口分校
校訓 一、知性をみがき 目にひかりあれ
二、意欲にあふれ 姿にはずみあれ
三、人間を信じ 胸にうるおいあれ
設立年月日 1965年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 総合学科
学期 3学期制[1]
高校コード 17109D
所在地 923-1123
石川県能美市吉光町ト90番
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
石川県立寺井高等学校の位置(石川県内)
石川県立寺井高等学校

石川県立寺井高等学校(いしかわけんりつ てらいこうとうがっこう)は、石川県能美市吉光町(旧能美郡寺井町)に所在する公立の高等学校である。市内および隣接する能美郡には、本校以外の高等学校はない。陸上競技部をはじめとしたスポーツが盛んな学校である。

地元では、「寺高」(てらこう)や「寺井」(てらい)と呼称されている。

概要[編集]

かつては全日制普通科家政科の教育課程をとっていたが、2000年より単位制による総合学科制に移行した。2年次より各系列を選択する

  • 人文科学系列
  • 自然科学系列
  • 生活科学・福祉系列
  • 体育・健康系列
  • 地域文化・芸術系列

沿革[編集]

概要[編集]

設立当初普通科は加賀地区の中堅進学校であり国公立大学への進学者も多数輩出した。 しかし、1978年頃より隣接するの小松市に普通科の石川県立小松明峰高等学校小松市立高等学校が相次いで開校しアクセスの悪さから人気(偏差値)が落ち、国公立大学への進学者は激減した。近年は進学・就職率はかなり高推移しているものの、OBの中には1978年頃を境に別の高等学校になったと唱える輩も多い。

年表[編集]

教育方針[編集]

高く調和のとれた知性と豊かな人間性を涵養し、健康でたくましい体力の育成につとめる。

校訓[編集]

  1. 知性をみがき 目にひかりあれ
  2. 意欲にあふれ 姿にはずみあれ
  3. 人間を信じ 胸にうるおいあれ

学校行事[編集]

  • 6月に文化教室があり、全校生徒で近くの会館に行き、演劇鑑賞をする。
  • 7月の全国高等学校野球選手権石川大会は、毎年一回戦から全校応援している。
  • 9月に体育祭、11月に文化祭がある。

2006年以降は体育館改修工事のため、8月下旬から9月上旬にまたいで体育祭と文化祭を開催している。

  • 10月には修学旅行がある。
  • 2月には、1年生が総合の授業(産業社会と人間)の総まとめとして、各クラスから代表が3人出てキャリアプラン発表会を行う。近くのケーブルテレビが収録して放送したり、新聞記事にされるので、一大イベントでもある。

生徒会活動・部活動など[編集]

部活動は、野球、ハンドボール、女子バレーボール、陸上、吹奏楽などが大会などで成績を収めている。 特に、吹奏楽部は顧問の教諭が2005年に替わってから、小編成のコンクール優勝などで優秀な成績を収めている。 野球部は2009年4月19日の第120回北信越高等学校野球石川県大会で宝達高校を大会最多得点となる70-1(五回コールド)で降し、昨年度優勝校・金沢西、シード校・小松工を破りベスト4進出。ハンドボール部は第35回全国高等学校ハンドボール選抜大会(2012年3月25日~ 岩手県花巻市開催)に初出場。[2]

交通[編集]

  • バス 小松バス 寺井線 寺井北口 徒歩約5分
  • バス 能美市コミュニティバス(のみバス)寺井高校下車 徒歩0分

著名な関係者[編集]

出身者[編集]

教職員[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://cms1.ishikawa-c.ed.jp/~teraih/NC2/htdocs/?page_id=129
  2. ^ http://sports.yahoo.co.jp/news/20090419-00000024-maip-base.html

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


この項目は、ウィキプロジェクト/学校の「高等学校テンプレート」を使用しています。