池田インターチェンジ (北海道)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
池田インターチェンジ
入口料金所
入口料金所
所属路線 E38 道東自動車道
IC番号 11
料金所番号 05-360(帯広方面)
16-262(本別・足寄方面)
本線標識の表記 国道242号標識 池田
起点からの距離 174.0 km(千歳恵庭JCT起点)
長流枝PA (8.5 km)
(17.2 km) 本別JCT
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0242.svg国道242号
供用開始日 1995年平成7年)10月30日
通行台数 581台/日(2008年6月度)
所在地 089-3154
北海道中川郡池田町字信取
テンプレートを表示

池田インターチェンジ(いけだインターチェンジ)は、北海道中川郡池田町字信取にある道東自動車道インターチェンジ (IC)。

池田本線料金所を併設しており、上り線(札幌・帯広方面)の場合は通行券授受またはETC流入情報入力を行う。下り線(釧路・北見方面)の場合は本別ICまたは足寄ICまでの通行料を支払う。

歴史[編集]

  • 1995年平成7年)10月30日:道東自動車道初の供用区間として、十勝清水IC - 当IC間が開通[1]
  • 2003年(平成15年)6月8日:当IC - 本別IC/足寄IC間が開通[1][2]
  • 2009年(平成21年)
    • 3月31日:本線料金所でETCレーンの運用開始[3]
    • 10月22日:IC料金所でETCレーンの運用開始[4]

周辺[編集]

池田市街までは車で10 - 15分ほど移動する[5]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

IC料金所[編集]

ICの料金所入口は行先別に分かれており、左側が釧路・北見方面、右側が札幌・帯広方面となっている[6]。釧路・北見方面はここで通行料金を前払い、札幌・帯広方面は通行券を受けとる。

総ブース数:4

入口
  • ブース数2
    • ETC/一般:1(釧路・北見方面)
    • ETC/一般:1(札幌・帯広方面)
出口
  • ブース数2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

池田本線料金所[編集]

本線料金所

総ブース数:3

上り線(札幌・帯広方面)
  • ブース数:1
    • ETC/一般:1
下り線(釧路・北見方面)
  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

[編集]

E38 道東自動車道
(10) 音更帯広IC - 長流枝PA - (11) 池田IC/TB - (12) 本別JCT

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 北海道横断自動車道 黒松内釧路線 北海道横断自動車道 黒松内北見線 (夕張〜本別・足寄) (PDF)”. 東日本高速道路株式会社 (2013年12月20日). 2017年1月7日閲覧。
  2. ^ “道東道池田 - 本別・足寄間 来月8日に開通”. 十勝毎日新聞 (十勝毎日新聞社). (2003年5月9日). http://www.tokachi.co.jp/kachi/0305/05_09.htm 2014年10月7日閲覧。 
  3. ^ 道東自動車道 池田本線料金所ETCレーンを3月31日(火)より運用開始します”. 東日本高速道路北海道支社 (2009年3月18日). 2014年10月7日閲覧。
  4. ^ 道東道全線でETC運用開始します”. NEXCO 東日本お客様センター. 東日本高速道路北海道支社. 2014年10月6日閲覧。
  5. ^ 交通・アクセス”. 十勝いけだ地域医療センター. 2014年10月7日閲覧。
  6. ^ 池田IC料金所の入口は行先方向別に分かれています (PDF)”. 東日本高速道路. 2012年12月23日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]