白糠インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
白糠インターチェンジ
中央左:トイレ併設の除雪ステーション
中央左:トイレ併設の除雪ステーション
所属路線 E38 道東自動車道
IC番号 15
本線標識の表記 Japanese National Route Sign 0392.svg 白糠
起点からの距離 227.0km(千歳恵庭JCT起点)
浦幌IC (26.0km)
(8.0km) 庶路IC
接続する一般道 Japanese National Route Sign 0392.svg国道392号
供用開始日 2015年平成27年)3月29日[1][2]
所在地 088-0343
北海道白糠郡白糠町茶路基線196-14
備考 料金所なし
テンプレートを表示

白糠インターチェンジ(しらぬかインターチェンジ)は、北海道白糠郡白糠町にある道東自動車道インターチェンジである。またこの項目では、当ICに隣接する白糠IC除雪ステーションについても記載する。

歴史[編集]

周辺[編集]

  • 白糠IC除雪ステーション

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • 通行料金は無料のため、料金収受設備は設置されていない。

白糠IC除雪ステーション[編集]

  • 隣接して白糠IC除雪ステーションが設置されている。除雪ステーションであるが、駐車場トイレが一般開放されており、国道392号側からパーキングエリアとして利用する事が出来る[4][5]

施設[編集]

[編集]

E38 道東自動車道
(14) 浦幌IC - (15) 白糠IC - (16) 庶路IC

脚注[編集]

  1. ^ a b “道東道、浦幌-白糠ICが開通”. 読売新聞(読売新聞社). (2015年3月30日)
  2. ^ a b c 近藤卓資(2015年3月31日). “道東道:開通祝いパレード 浦幌−白糠間、ロードレースも”. 毎日新聞 (毎日新聞社)
  3. ^ 道東自動車道 本別〜釧路間 「白糠IC〜阿寒IC」<通行無料>が開通します 一般国道38号・44号 釧路外環状道路 「釧路西IC〜釧路東IC」<通行無料>が開通します 〜道東産さんまのブランド力向上、広域周遊観光の活性化に貢献します〜 (PDF)”. 国土交通省北海道開発局 釧路開発建設部 (2015年12月25日). 2015年12月25日閲覧。
  4. ^ 完成施設のご紹介『北海道横断自動車道根室線事業営繕関連施設』”. 北海道開発局. 2018年8月28日閲覧。
  5. ^ 平成25年度第2回阿寒地域協議会”. 釧路市. 2015年8月8日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]