江淵一公

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

江渕 一公(えぶち かずひろ、1933年 - 2007年4月3日)は、日本の文化人類学者教育学者九州大学名誉教授。 福岡県生まれ。1961年九州大学大学院教育学研究科単位取得満期退学。64年米国チュレーン大学大学院文化人類学専攻修士課程修了。福岡教育大学助教授、教授、87年広島大学大学教育研究センター教授、92年九州大学教育学部教授。97年定年退官。放送大学教授。2004年退職。93年「異文化間教育の構造にかんする教育人類学的研究 -移民・在留民の異文化適応と教育の比較民族誌的分析」で九大教育学博士。異文化間教育学会会長を務めた。

専門は大学国際交流論、異文化間教育論。

著書[編集]

  • 『海外教育研究入門 教職員海外研修のすすめ』サイマル出版会、1974.日本国際交流センター研究シリーズ
  • 『ヨーロッパにおける留学生受入れのシステムと現状 独・仏・英国現地調査報告』広島大学大学教育研究センター、1991.高等教育研究叢書
  • 『異文化間教育学序説 移民・在留民の比較教育民族誌的分析』九州大学出版会、1994
  • 『大学国際化の研究』玉川大学出版部、1997
  • 『文化人類学 伝統と現代』放送大学、2000
  • 『バイカルチュラリズムの研究 異文化適応の比較民族誌』九州大学出版会、2002

共編著[編集]

  • 『多文化教育の比較研究 教育における文化的同化と多様化』小林哲也共編.九州大学出版会、1985
  • 『留学生受入れと大学の国際化 全国大学における留学生受入れと教育に関する調査報告』編著.広島大学大学教育研究センター、1990.高等教育研究叢書
  • 『異文化間教育研究入門』編.玉川大学出版部、1997
  • 『共生の時代を生きる 転換期の人間と生活』酒井豊子森谷正規共編著.放送大学、2000
  • 『文化人類学研究 環太平洋地域文化のダイナミズム』小野澤正喜山下晋司共編著.放送大学、2002 

翻訳[編集]

  • フィリップ・K.ボック『現代文化人類学入門』全4冊 1977.講談社学術文庫

記念論集[編集]

  • 『トランスカルチュラリズムの研究 江淵一公教授退官記念論文集』明石書店、1998

参考[編集]

  • 「江淵一公教授略歴 (江淵一公教授退官記念)」九州大学比較教育文化研究施設紀要、1997-03
  • [1](一番下)