山下晋司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

山下 晋司(やました しんじ、1948年11月7日 - )は、日本の文化人類学者帝京平成大学現代ライフ学部観光経営学科教授。東京大学大学院総合文化研究科名誉教授。NPO「人間の安全保障」フォーラム理事長。

山口県出身。アルジュン・アパデュライによる「マクロ人類学」と「エスノスケープ論」を学界に提唱した。

略歴[編集]

著書[編集]

単著[編集]

  • 『儀礼の政治学―インドネシア・トラジャの動態的民族誌』(弘文堂)1988 
  • 『バリ 観光人類学のレッスン』(東京大学出版会)1999
  • 『観光人類学の挑戦 新しい地球の生き方』(講談社選書メチエ)2009 

単編著[編集]

  • 『観光人類学』(新曜社)1996 
  • 『文化人類学入門 古典と現代をつなぐ20のモデル』(弘文堂)2005
  • 『観光文化学』(新曜社)2007 ※『観光人類学』の改訂版
  • 『資源人類学』責任編集(弘文堂)2007
  • 『観光学キーワード』(有斐閣双書)2011

共編著[編集]

参考[編集]

  • 『駒場2001』