永井尚備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永井尚備

永井 尚備(ながい なおみつ、1743年寛保3年)- 1769年8月19日明和6年7月18日))は、美濃加納藩の第2代藩主。尚庸系永井家5代。

永井尚方永井直敬の五男)の三男。母は織田信栄の娘。正室は永井直陳の養女(永井尚俶の娘)。子は永井直旧(長男)、太田直熹(次男)。官位は従五位下。伊賀守。

先代直陳には長男・尚俶、次男・永井尚志の2子があったがともに早世していたため、宝暦11年(1761年)12月に尚備が伯父にあたる直陳の養嗣子となった。宝暦12年(1762年)、直陳の死により跡を継いだ。明和6年(1769年)、大坂加番に任じられて任地に赴いたが、同年7月18日に大坂城にて死去した。享年27。跡を長男の直旧が継いだ。法号は凌雲義堅高岳院。墓所は東京都中野区の功雲寺。