水野るり子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水野 るり子(みずの るりこ、1932年2月25日 - )は日本の詩人東京都生まれ。本名、水野瑠璃子[1]東京大学文学部卒業。1984年『ヘンゼルとグレーテルの島』で第34回H氏賞受賞[2]。2011年『ユニコーンの夜に』で第3回小野市詩歌文学賞受賞。

著書[編集]

  • 『ヘンゼルとグレーテルの島 詩集』現代企画室 1983
  • 『ラプンツェルの馬』思潮社 1987
  • 『はしばみ色の目のいもうと 詩集』現代企画室 1999
  • 『クジラの耳かき 詩集』七月堂 2003
  • 『ユニコーンの夜に 詩集』土曜美術社出版販売 2010
  • 『水野るり子詩集』土曜美術社出版販売 新・日本現代詩文庫 2012

翻訳[編集]

  • ビオレッタ・パラ『人生よありがとう 十行詩による自伝』現代企画室 インディアス群書 1987
  • クラウス・バウムガルト文・絵『いたずらかいじゅうトアトア』草土文化 1992
  • クラウス・バウムガルト文・絵『トアトアふしぎのくにへ』草土文化 1993
  • クラウス・バウムガルト文・絵『トアトアまよなかのぼうけん』草土文化 1993
  • シンシア・ライラント文 ジェン・カラーチー絵『ヘンゼルとグレーテル』新樹社 2009

[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.466
  2. ^ 『現代日本人名録』