水谷勝晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

水谷 勝晴(みずのや かつはる、天和元年(1681年) - 元禄6年11月27日1693年12月23日))は、江戸時代備中松山藩の嗣子。

天和元年(1681年)、水谷勝阜の長男として生まれる。母は妻木頼保の娘。幼名は彌七郎。元禄6年10月6日(1693年11月3日)、備中松山藩主・水谷勝美が嗣子無く没したため、勝美の末期養子となった。本来ならばそのまま家督を継承するはずであったが、約1ヵ月後の同年11月27日(1693年12月23日)に疱瘡のためわずか13歳で死去した[1]。戒名は見徳院朝華日理。

そのため、水谷家から改めて勝美の弟が養子として申請されたが[2]、「末期養子の末期養子」は認められなかったため、備中松山藩水谷氏は無嗣廃絶により改易となった。

なお、水谷家自体は勝美の弟・水谷勝時に3000石が与えられたため、旗本として存続した。

脚注[編集]

  1. ^ 須田茂『徳川大名改易録』(崙書房出版、1998年)211頁
  2. ^ 大森映子『お家相続 大名家の苦闘』(角川書店、2004年)15頁