毎田周一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

毎田 周一(まいだ しゅういち、1906年明治39年〉9月22日 - 1967年昭和42年〉2月27日)は、日本仏教思想家、詩人金沢市出身。第四高等学校を経て、1929年京都帝国大学文学部哲学科卒業。1937年長野県師範学校教諭、1942年石川県師範学校教諭。

暁烏敏に師事し、西田幾太郎に学ぶ。雑誌『真』、『大雪山』を主宰。仏教の教えを日常の言葉で語り、多くの解説書や詩を残した。没後「毎田周一全集」が纏められた。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]