武藤安成

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
武藤安成
時代 戦国時代 - 江戸時代前期
生誕 永禄元年(1558年
死没 寛永元年4月29日1624年6月14日
別名 理兵衛
戒名 宗成
墓所 酬恩庵京都府京田辺市
幕府 江戸幕府旗本
主君 増田長盛徳川家康秀忠
氏族 藤原北家秀郷流 武藤氏
父母 武藤安盛、福住左京亮の娘
鈴木重五左衛門の娘
安信安之安通
テンプレートを表示

武藤 安成(むとう やすなり)は、戦国時代から江戸時代前期にかけての武将

人物[編集]

三好長慶に仕えた武藤安盛の子。当初は増田長盛に仕えたが、のち山城国酬恩庵に隠棲していた。その後、駿府徳川家康に召されて勘定方として仕官し、慶長11年(1606年大和国式下郡に510石余を与えられた。慶長19年(1614年大坂冬の陣、翌年の夏の陣には幼い子・安信とともに参陣した。

参考文献[編集]