武田隆子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

武田隆子(たけだ たかこ、1909年1月14日-2008年6月)は、日本の詩人

北海道出身。富士見丘高等女学校卒業。『風』同人、のち『幻視者』主宰。1970年詩集『小鳥のかげ』で日本詩人クラブ賞受賞。

著書[編集]

  • 雪まつり 詩集 ユリイカ 1960
  • 重粘土地帯 詩集 私家版、1965
  • 深尾須磨子ノート 木犀書房 1966
  • 武田隆子詩集 木犀書房 1970 (木犀叢書)
  • 小鳥のかげ 紅花社 1970
  • 流氷 詩集 詩学社 1973
  • 武田隆子詩集 宝文館出版 1976 (昭和詩大系)
  • 紺色の陽 詩集 風社 1978.6
  • 五つの童話 幻視者社 1979.6
  • 青い海は青いまま 幻視者社 1981.7
  • 夕陽が零れていた 随筆集 宝文館出版 1981.7
  • あの雪よ 詩集 宝文館出版 1984.9
  • 深尾須磨子の世界 宝文館出版 1986.5
  • 薔薇咲くころ 詩集 宝文館出版 1987.11
  • 蕎麦の花 詩集 幻視者社 1990.10
  • 古里の山と川 詩集 幻視者社 1990.8
  • 心の詩 宝文館出版 1990.6
  • 星のかがやき 評論 宝文館出版 1992.1
  • 武田隆子詩集 土曜美術社出版販売 1993.6 (日本現代詩文庫
  • 雪の黄昏 宝文館出版 1996.2

参考[編集]

  • 現代日本人名録2002、北海道新聞死亡記事