武公 (衛)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武公 姫和
第11代公
王朝
在位期間 紀元前812年 - 紀元前758年
都城 朝歌
姓・諱 姫和
諡号 武公
生年 不詳
没年 紀元前758年
釐侯

武公(ぶこう、紀元前?年 - 紀元前758年)は、の第11代君主。釐侯の子で共伯の弟。侯爵から公爵に昇格した。

生涯[編集]

釐侯の子として生まれる。

父の釐侯が卒去し、兄の共伯が立ったが、姫和はこれを襲って自殺させ、自らが衛君となった。

武公元年(前812年)、姫和は即位すると、康叔のような善政を行い、民衆を安泰させた。

武公42年(前771年)、幽王が西の異民族である犬戎に殺される事件が起きた。そこで姫和は兵を率いて周の救援に向かい、犬戎を討平した。周の平王はその功により姫和を侯爵から公爵へ昇格させた。

武公55年(前758年)、姫和は卒去し、武公と諡され、子のが立った。

参考資料[編集]