桓公 (衛)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
桓公 姫完 
第13代公
王朝
在位期間 紀元前734年 - 紀元前719年
都城 朝歌
姓・諱 姫完
諡号 桓公
生年 不詳
没年 紀元前719年
荘公
戴媯(の公女)

桓公(かんこう、紀元前?年 - 紀元前719年)は、の第13代君主。荘公の子。

生涯[編集]

荘公と戴媯のあいだの子として生まれた。荘公の正夫人である荘姜に養育された。

荘公23年(前735年)、父の荘公が卒去したため、太子である姫完(以降は桓公と表記)が立った。

桓公2年(前733年)、桓公は弟の州吁(しゅうく)が驕奢だったため、彼を排斥した。

桓公13年(前722年)10月、恵公の改葬が営まれるため、桓公は魯に赴いてその葬儀に参列した。この年、において内紛(共叔段の乱)が起き、共叔段の子である公孫滑が衛に逃亡してきた。衛は公孫滑と手を組んで鄭を攻撃し、廩延の地を占領した。これに対し鄭は王の軍や虢公の軍とともに衛の南境を攻撃した。翌年(前721年)、この公孫滑の乱は鄭によって平定された。

桓公16年(前719年)春、共叔段と手を組んだ弟の州吁は、鄭の逃亡者たちとともに兄の桓公を襲撃して殺し、自らが衛の君主となった。

参考資料[編集]