正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官
Crossing Over
監督 ウェイン・クラマー
脚本 ウェイン・クラマー
製作 ウェイン・クラマー
フランク・マーシャル
グレッグ・テイラー
製作総指揮 マイケル・ビューグ
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
出演者 ハリソン・フォード
レイ・リオッタ
アシュレイ・ジャッド
音楽 マーク・アイシャム
撮影 ジェームズ・ウィテカー
編集 アーサー・コバーン
製作会社 ザ・ケネディ/マーシャル・カンパニー
配給 アメリカ合衆国の旗 ワインスタイン・カンパニー
日本の旗 ショウゲート
公開 アメリカ合衆国の旗 2009年2月27日
日本の旗 2009年9月19日
上映時間 113分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $25,000,000 (概算)[1]
興行収入 $3,030,259[2]
テンプレートを表示

正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官』(原題:Crossing Over)は、2009年アメリカ映画ワインスタイン・カンパニー制作。

ストーリー[編集]

ロサンゼルスでICEの捜査官として働くマックスは、密入国や不法就労者の取り締りに当たりながらも彼らにしばしば同情的で、同僚からも呆れられるほど誠実な男。そんなある日、メキシコ人女性ミレヤが不法就労者の一斉摘発で捕まり、アメリカ生まれの幼い息子ホアンを残して強制退去に。それに心を痛めたマックスは、ホアンを捜し出してミレヤの実家まで送り届けるが…。女優を目指すオーストラリア出身のクレアは、グリーンカードの判定官コールと出会い、ある提案を持ちかけられ…。バングラデシュ出身の高校生タズリマは、9.11についての発言が問題視されICEとFBIの強制捜査を受けてしまい…。ある日、マックスの相棒でイラン出身の捜査官ハミードの妹ザーラの死体が発見される。独自に捜査を進めるマックスは、やがて思いも寄らぬ事実に突き当たるが…

キャスト[編集]

役名:俳優:日本語吹替

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]