次良丸忍

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

次良丸 忍(じろまる しのぶ、本名同じ、男性、1963年 - )は、日本小説家児童文学作家岐阜県大垣市出身。名城大学法学部卒。宮沢賢治に心酔し、大学在学中より小説を書き始める。「銀色の日々」で第14回新美南吉児童文学賞を受賞した。現在、日本児童文学者協会の事務局に勤務しており、TENの会同人、え!ほん党同人。小峰書店から出版されている日本児童文学に寄稿することが多い。埼玉県上尾市在住で二児の父でもある。

作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]