横森巧

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
横森 巧 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ヨコモリ タクミ
ラテン文字 YOKOMORI Takumi
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1942-07-27) 1942年7月27日(76歳)
出身地 山梨県東山梨郡勝沼町[1]
ユース
1958-1960 山梨県立日川高校
1961-1964 日本体育大学
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
19xx-1973 甲府サッカークラブ
監督歴
#指導歴を参照
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

横森 巧(よこもり たくみ、1942年7月27日 - )は、山梨県東山梨郡勝沼町(現・甲州市)出身の元サッカー選手およびサッカー指導者、解説者。

来歴[編集]

山梨県立日川高等学校在学中よりサッカーを始め、日本体育大学入学後もサッカー部に入部した。大学卒業後は高校教諭となり、その傍ら甲府サッカークラブ1973年6月までプレーして主将も務めた。また、1968年に山梨県立谷村工業高等学校に赴任してサッカー部を指導[1] し、関東大会に出場した。

現役を引退した1973年より山梨県立韮崎高等学校教諭となり、サッカー部監督に就任[1]1975年(昭和50年)に全国高等学校総合体育大会サッカー競技大会で優勝した。また、全国高等学校サッカー選手権大会本大会に14年間で県代表として10回出場し、1979年(昭和54年)から1983年(昭和58年)までの5大会連続でベスト4以上に進出し、そのうち3大会で準優勝の成績を残した。韮崎高校時代には塚田雄二羽中田昌保坂孝などを指導した。

1986年に韮崎高校を退任して、1987年から1988年まで県体育連盟事務局で勤務[2]1989年より山梨県立韮崎工業高等学校サッカー部監督となり、1992年には第71回全国高等学校サッカー選手権大会で同校を選手権大会初出場に導き[1]、1984年に退任した[2]

2000年から2002年まで韮崎工業高校の校長、2001年から山梨県サッカー協会副会長、2003年4月からヴァンフォーレ甲府チームアドバイザー、2005年2月から甲府のチームアドバイザー兼強化ディレクターを歴任した[2]

2005年に創設された山梨学院大学サッカー部の総監督に就任、2009年1月より山梨学院高校サッカー部監督に就任し16年ぶりに現場に復帰した[1]

現場復帰1年目の第88回全国高等学校サッカー選手権大会では自身にとって3校目となる山梨県代表の高校を率い、決勝で青森山田高等学校を破って優勝した。2010年3月、山梨学院高校の監督を退任した[3]

指導歴[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 名将横森監督、悲願達成”. 日刊スポーツ (2010年1月12日). 2016年8月28日閲覧。
  2. ^ a b c “横森巧氏が「チームアドバイザー兼強化ディレクター」に就任” (プレスリリース), J's GOALヴァンフォーレ甲府), (2005年2月4日), http://www.jleague.jp/jsgoal_archive/official/detail.php?press_code=15870 2016年8月28日閲覧。 
  3. ^ 選手権Vの山梨学院・横森監督が退任、吉永ヘッドが新監督に”. ゲキサカ (2010年3月9日). 2016年8月28日閲覧。

関連項目[編集]