横山公一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
横山 公一
よこやま こういち
生年月日 (1947-04-02) 1947年4月2日(71歳)
出生地 群馬県沼田市中町
出身校 群馬県立沼田高等学校
所属政党 無所属
公式サイト 横山公一後援会(よこやまこういち)

当選回数 2回
在任期間 2014年5月10日 - 現職
テンプレートを表示

横山 公一(よこやま こういち、1947年4月2日 - )は、日本政治家群馬県沼田市長(2期)。

来歴[編集]

群馬県沼田市中町の呉服商、横山昌弘の長男として生まれる。沼田市立沼田小学校、沼田市立沼田中学校群馬県立沼田高等学校卒業。高校1年生の時に母を亡くし、3年生の時に父を亡くす。そのため大学進学を断念し、10代から家業の呉服店の経営にあたったという[1]

2010年(平成22年)、沼田商工会議所会頭に就任。

2014年(平成26年)4月27日に行われた沼田市長選挙に無所属で出馬。現職の星野已喜雄、元県議の金子浩隆ら3候補を破り初当選。5月10日、市長就任。選挙の結果は以下のとおり。

※当日有権者数:41,509人 最終投票率:68.36%(前回比:+4.43ポイント)

候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率 推薦・支持
横山公一 67 無所属 12,142票 43.28%
星野已喜雄 63 無所属 11,830票 42.17%
金子浩隆 53 無所属 4,077票 14.53%

2018年(平成30年)、無投票で再選[2]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
星野已喜雄
Flag of Numata Gunma.JPG 群馬県沼田市長
2014年 -
次代:
(現職)