樋口和博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

樋口 和博(ひぐち かずひろ、1909年12月1日 - 2009年2月7日)は、日本の裁判官弁護士

経歴[編集]

長野県上伊那郡川島村(現辰野町)生まれ[1]。旧制松本第二中学(現長野県松本県ヶ丘高等学校[2]旧制松本高校京都帝国大学法学部卒業[1]。 昭和11年司法官試補、以後、大阪、青森、高松、長野、東京の各地裁で約38年間裁判官生活を送る。昭和49年定年退官。昭和50年1月、弁護士登録(東京弁護士会)。

著書[編集]

  • 随筆「峠の落し文」[3]
  • 随筆「蛙目」(がいろめ)
  • 随筆「蓑虫の声、裁判官生活三十年余」など

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b 石川元也弁護士 日本裁判官ネットワーク「樋口和博さんのこと」”. 2016年4月15日閲覧。
  2. ^ [P35.参照『昭和55年度会員録 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会』 - 社団法人 長野県松本県ヶ丘高等学校同窓会/編(1980.2)]
  3. ^ 樋口 和博 プロフィール

外部リンク[編集]