榎村寛之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

榎村 寛之(えむら ひろゆき、1959年 - )は、日本史学者。

大阪府大阪市生まれ。大阪市立大学文学部卒、岡山大学大学院文学研究科前期博士課程修了、関西大学大学院文学研究科後期博士課程単位取得退学。1993年「律令天皇制祭祀の研究」で文学博士。三重県立斎宮歴史博物館学芸員、副参事兼学芸普及課長(2017年現在)。専攻・日本古代史[1]

著書[編集]

  • 『律令天皇制祭祀の研究』塙書房 1996
  • 『伊勢斎宮と斎王 祈りをささげた皇女たち』塙書房 塙選書 2004
  • 『古代の都と神々 怪異を吸いとる神社』吉川弘文館 歴史文化ライブラリー 2008
  • 『伊勢斎宮の歴史と文化』塙書房 2009
  • 『伊勢斎宮の祭祀と制度』塙書房 2010
  • 『伊勢神宮と古代王権 神宮・斎宮・天皇がおりなした六百年』筑摩書房・筑摩選書 2012
  • 『斎宮―伊勢斎王たちの生きた古代史』中公新書、2017

論文[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『伊勢斎宮と斎王』『斎宮』著者紹介