榎並城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
榎並城
大阪府
榎並城の石碑
榎並城の石碑
別名 江波城
城郭構造 平城
天守構造 なし
築城主 三好政長
築城年 天文年間
主な改修者 不明
主な城主 三好政勝
廃城年 天文18年(1549年
遺構 不明
指定文化財 なし
再建造物 なし
位置 北緯34度42分32.755秒
東経135度32分22.295秒

榎並城(えなみじょう)は、大阪市城東区にあった日本の城。ここの東側に存在した室町幕府料所河内十七箇所に因み、別名を十七箇所城(じゅうななかしょじょう)とも言った。

概要[編集]

榎並城は江口の戦いで8ヵ月間籠城した堅城であるのにもかかわらず、城郭については不明な点が多い。この地は古来「榎並荘」と言われる旧大和川右岸と淀川の合流地点で、低地にあり淀川が氾濫すると被害を受け野江水神社一帯だけがわずかに高台になっていた場所に築いたのではないかと思われる。しかしその城跡も元禄17年(1704年)2月27日から始まった大和川の付け替え工事に伴って、現在と大きく地形が変化し場所の特定など困難になってしまっている。

『万松院殿穴太記』によると、

此城は元来も宗三が館なれば、究竟(きゅうきょう)の要害を拵(こさ)へ、日来は子息衛門大夫政勝を籠置たり

—万松院殿穴太記

との記載が見受けられる。宗三は三好政長の事で衛門大夫政勝は政長の息子三好政勝の事を指し、かなり強固な城郭を築いたのではないかと推察されている。

沿革[編集]

城史については大きく3つに分けられる。

楠木時代[編集]

榎並の地の初見は南北朝の争乱の時で、『花宮三代記』によると楠木正儀応安2年(1369年)3月、天王寺から榎並に退いて陣をしいたという記録がある。この時の陣所はどこか定かではないが、『日本城郭大系』によると、地勢からいって野江水神社周辺であったと解説している。ただ、この時の陣所が後の強固な城郭に繋がっていたのかは定かではない。

三好時代[編集]

城として明確に記述されているのが『細川両家記』で、天文17年(1548年)10月28日、この時三好長慶方が榎並城を攻め、後に摂津各地で放火されるが、この時が城としての文献上の初見である。江口の戦いの先端がひらかれたのが、この10月28日の記述ではないかと思われている。その後三好政長は江口城で討死、三好政勝も父の死をきっかけに瓦林城に逃げ去って行った。廃城については記録がないので解らないが、その後文献から姿を消したことから、この時に廃城になったと思われる。

石山本願寺の復興模型

石山本願寺時代[編集]

榎並城が廃城になった後、この城跡を石山本願寺が再利用したと推定されている。石山合戦の時に51の支城が作られたが、『陰徳太平記』によるとその51の支城の中に「野江」という名前が見受けられる。これにより『日本城郭大系』では、「野江城、野江砦は榎並城跡を再利用し、その位置は野江水神社付近が最も有力である」と解説されている。

野江水神社[編集]

野江水神社の鳥居
野江水神社の裏側

この地は度々大きな水害に悩まされていたが、榎並城を築城している最中にも水害にあい、それを鎮めるために三好政長が守護神として城内に社を建てたのが野江水神社の始まりと言われている[1]。この時の社の位置が現在の社殿の位置と言われているので、おそらくこの野江水神社を含めた部分が城郭であったと推察されている。また豊臣秀吉大坂城を築城する際には、社殿を修築し国家泰平を祈願したとの伝承が残っている[2][3]


城跡へのアクセス[編集]

野江内代駅
城郭の一部ではないかと推定されている榎並小学校

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 城東区史 1974, p. 440-441.
  2. ^ 城東区史 1974, p. 441.
  3. ^ 大阪人 2009, p. 35.

参考文献[編集]

  • 日本城郭大系』第12巻、大阪・兵庫、新人物往来社、1981年3月、163頁-164頁。
  • 大和川の付替え」 大和川付替え300周年。
  • 『城東区史』 城東区史編纂委員会、1974年7月20日、440-441頁。 
  • 「榎並城残影。 野江水神社」、『大阪人』、大阪市都市工学情報センター、2009年2月1日、 34-37頁。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]