楊靖宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

楊 靖宇(ようせいう、1905年2月26日 - 1940年2月23日)は、中国東北部で活動していた抗日パルチザンの指導者。東北抗日聯軍第1路軍総司令。本名は馬尚徳

経歴[編集]

河南省確山県生まれ。省立第一工業学校在学中に革命運動に参加する。1927年に中国共産党へ入党し、確山県の農民暴動を指導して確山農民革命軍総司令となる。

1929年に東北部へ派遣され、撫順の炭坑労働者の間で活動するが、すぐに逮捕される。満州事変後にハルビンから出獄した。1932年11月に磐石遊撃隊へ派遣される。

1933年9月に東北人民革命軍第1軍独立師が成立し、師長兼政治委員に就任した。1934年11月、東北人民革命軍第1軍軍長兼政治委員。1936年に東北人民革命軍から東北抗日聯軍に改編。同年6月に第1路軍総司令となる。

1939年、日満軍警による討伐が開始され、次第に追いつめられる。1940年2月に濠江県三道崴子で包囲され、投降を拒否して射殺された。解剖の結果、胃の中には野草の根と木の皮しかなかったという。遺体は日本軍に渡され、その死は大々的に宣伝された。

1946年2月14日、楊靖宇を記念して濠江県は靖宇県に改称された[1]。1962年に同県城内に楊靖宇将軍記念館が開設され、1995年8月15日には戦死地に移転し、愛国主義教育の拠点となっている[2]

脚注[編集]

  1. ^ 杨靖宇简介”. 靖宇县人民政府 (2015年1月9日). 2015年12月2日閲覧。
  2. ^ 杨靖宇纪念馆”. 靖宇县人民政府 (2015年1月19日). 2015年12月2日閲覧。

参考文献[編集]