椎名胤光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
椎名胤光
時代 鎌倉時代
生誕 不明
死没 不明
別名 五郎
主君 源頼朝
氏族 椎名氏
父母 父:千葉常重
兄弟 千葉常胤小見胤隆胤光
胤高野手胤知松山胤平小見胤澄

椎名 胤光(しいな たねみつ)は、鎌倉時代前期の武将椎名氏の祖。

千葉氏の実質的な初代当主である千葉常重の五男として誕生。『神代本千葉系図』では千葉常胤の弟に椎名五郎胤光の名がみえる。

当初、胤光は下総国千葉荘椎名郷を領し、椎名を名乗ったとされる。その後、治承・寿永の乱藤原親政が常胤に敗れ、上総広常が誅殺されると、匝瑳氏の所領だった匝瑳南条荘を譲られ、地頭職として移り住んだ。椎名氏の一族は匝瑳南条荘で積極的に新田開発を進め、その一門が荘内一円を所領とした。

参考文献[編集]

  • 小笠原長和『千葉県の地名』平凡社、1996年、ISBN 4-582-49012-3、644-645頁「匝瑳南条庄」の項