植松奎二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
植松 奎二
生誕 1947年
日本の旗 日本兵庫県神戸市
国籍 日本の旗 日本

植松 奎二(うえまつ けいじ、1947年-)は兵庫県神戸市生まれの芸術家

兵庫県立御影高等学校神戸大学教育学部美術科卒業。1969年京都での最初の個展を皮切りに、日本では大阪ドイツではデュッセルドルフに居住しながら、1988年にはベニスビエンナーレ日本代表に選出されるなど国際的な活躍を続けている。70年代の観念的な作品群から、近年とみに増えた国内外における野外彫刻の設置にいたるまで旺盛な創作活動に一貫するものは、木、石、布、金属といった素材を時として、多彩に配置し、空間の異化を生み出すことで人間の知覚の背後に潜む普遍的な力-重力磁場-を作品を通して確認させようとする試みである。2013年、『截接―軸・経度・緯度』で第38回中原悌二郎賞受賞。

パブリックコレクション[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 愛知芸術文化センター愛知県図書館, 編纂.『年魚市』第1号、愛知芸術文化センター愛知県図書館、1991年11月30日