梶原景宗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

梶原 景宗(かじわら かげむね、生没年不詳)は、安土桃山時代武将後北条氏の家臣。備前守。

紀伊国の出身であったが、水軍の指揮に長けたことを北条氏康に見込まれて、その家臣となり伊豆水軍を率いた。里見氏武田氏との戦いでは、水軍を率いて活躍したと言われている。しかし『北条記』では「海賊」と記されている。『北条五代記』では、「船大将の頭」と記されている。また、近年では伊勢湾沿岸と関東地方を結ぶ交易商人としての側面が指摘されている(北条家臣安藤良整と共に多くの商業関連の文書に連署している事からも窺える)。

天正18年(1590年)、豊臣秀吉小田原征伐で水軍を率いるも本多重次の配下であった向井正綱率いる徳川水軍に敗れた。北条氏直とともに高野山に赴き、氏直の死後は紀伊に土着したという。 文書上、最後に動向が確認できるのは天正19年(1591年)に北条氏直が景宗から贈呈された50匹に対する返礼。

梶原景宗 子孫[編集]

梶原 源右衛門(かじわら げんえもん、生没年不詳)

北条家滅亡後は、石田三成の舅の尾藤頼忠のところに身を寄せ、関ヶ原戦いで西軍敗北後は、戸田左門預かりとなる。西軍敗北後、尾藤頼忠妻子を連れて逃げるところを捕えられる。

本来、打ち首にされるところ、梶原家一族の代表者として梶原源右衛門が徳川家康の前に連れ出され、元北条水軍梶原家ということで家康に認められて戸田左門預かりになる。[1]

この時いっしょに梶原源右衛門の一族も戸田家預かりになり、その中には、柔術の制剛流の祖、梶原源左衛門直景の父もいた。

この直景の文書にも戸田家預かりのことが同様に記載されており、祖父が北条氏直家臣梶原景宗、父が梶原兵部景通とある。[2]

徳川方に捕まった際に代表者として梶原源右衛門が引き出されていることから、梶原兵部景通が源右衛門の可能性は否定できない。

また北条家の古文書には

北条水軍は梶原備前守と子の梶原兵部大輔を先鋒として~[3]

の記載があり、梶原兵部大輔が梶原直景の父、兵部、さらには源右衛門が同一人物の可能性がある。

梶原源右衛門の妻は豊臣秀次の側室の多羅尾家で[4]、戸田家預かり後は戸田家から養子をもらっている。その後、正式に姫路藩本多忠政に仕官。(船奉行)[5]

梶原源右衛門の妻(多羅尾家)の妹が藤堂高次の側室となり、藤堂藩3代当主藤堂高久、高通を生んだことから本多家を離れ縁戚関係で藤堂藩に仕える。[6]

承応2年(1653)  梶原源之丞(後民部)出仕 150石

その後、梶原源右衛門の直系は明治維新まで藤堂藩で家老職を代々賜ることとなる。(梶原源之丞家 至2,000石)

梶原源右衛門以外の梶原一族は、源右衛門が藤堂藩に仕官するときに本多家に一族は仕えることとなる。(梶原与兵衛 船奉行500石、梶原源八郎(七人扶持) )[7]

本多政長(大和郡山藩、1679年亡)の時代まで仕えたようであるが、一族は本多政長時代に牢人となる。

この時代は本多家でのお家騒動があり、大和郡山ということで船奉行としての役割もなかったことからであろう。本多家牢人後は、一族は源右衛門同様に藤堂藩に仕官することとなる。

延宝2年(1674)  合力米拝領 4年後500石、その後、普請奉行として600石。

家老職を代々賜る梶原源之丞家は源之丞を代々名乗り、後に藤堂藩に仕え600石を賜り普請奉行になった梶原家は代々、源右衛門を名乗っていく。

梶原源之丞 家 家老 至 2,000石

梶原源右衛門 家 普請奉行 至 600石[8]

このように北条水軍であった梶原家は代々、藤堂藩に仕え明治維新を迎えることとなる。

ただし、梶原 源右衛門家は理由は分からないが、1752年に藤堂藩を出奔し帰農している。[9]

帰農場所としては現在の天理市福住が有力である。この場所は、本多政長時代に梶原与兵衛 船奉行500石、梶原源八郎(七人扶持) が牢人になり、延宝2年(1674)に  藤堂藩より仕官する前に合力米拝領し大和郡山より呼び出され

1年近く住んでいた土地であり[10]、藤堂藩を出奔した年代と、この土地に梶原姓が住み着いた年代が近いことから想像する。

梶原 源左衛門直景(かじわら げんざえもん なおかげ、生不詳、1685年亡) 制剛流 尾張藩柔術師範

祖父 梶原景宗 父 梶原兵部景通

父の梶原兵部景通は戸田左門氏西に臣事す、と名古屋氏人 物編第2』に記載されているが、戸田左門と言われるのは氏西の祖父一西(近江大津藩藩主、膳所藩初代藩主、大垣藩藩主)、父の氏鉄(膳所藩2代藩主、大垣藩藩主)を指すのが一般的で、

戸田氏西が1671年に家督を相続し大垣藩主になっており、また、梶原源左衛門直景が制剛流の水早長左衛門に組討ちの術を学んだとされるが、その頃には水早長左衛門は1638年前後に亡くなっていることから、氏西に臣事しているならば

その時には水早長左衛門はなくなっているため、氏西ではなく、一西または氏鉄に臣事したと考えるのが妥当であろう。

戸田家を離れた理由であるが、古老遺筆に記載があるが、梶原源右衛門が戸田家から養子をもらい、その養子(戸田金左衛門と古老遺筆に記載)またはその弟が、大津代官の鈴木左馬介と諍いがあり、鈴木左馬介を打ち取ったことが原因で戸田家を離れることになったと思われる。この時、梶原源右衛門は京都に移り、梶原兵部の子の源左衛門直景は摂津に移り住んだとされる。

打ち取られた鈴木左馬介の懐に徳川家康の暗殺を企てる書簡が見つかったということで、その暗殺の首謀者として古田織部は後に切腹させられることになる。梶原家が古田織部切腹に関わっていたことになる。

その後、梶原源右衛門は姫路本多藩に正式に仕官することになるが、梶原源左衛門直景は摂津で水早長左衛門に柔術を学ぶことになる。その後、尾張藩初代藩主徳川義直に認められ、尾張藩に150石で召しかかえられて尾張藩制剛流柔術師範となるのである。

備考[編集]

  • 梶原 景宗

北条氏康から景宗宛ての書状で「海上警備の為に現地(伊豆海域)に残ってほしい」とするものや、里見水軍との戦いに際しては「紀伊衆が活躍し~」などと記述が残っており、北条氏の直臣という立場ではなく、前述の交易商人としての行動や、「傭兵」のような形で属し、立場としては客将のような形であったと思われる。(ゆえに北条氏の滅亡後は本拠の紀伊へ戻っている)

  • 梶原 源右衛門

北条家滅亡後、尾藤頼忠に身を寄せ、戸田左門預かり、姫路藩仕官から嫡男の源之丞が藤堂藩仕官まで、代々、源右衛門を名乗っているため、何代、代替わりしているかは定かではない。

景宗の実名が吉右衛門、源右衛門の妻は多羅尾家、家康の前に連れ出されたときに、元北条水軍梶原家代表として源右衛門が取り調べを受けていることから、景宗嫡男の兼宗でないとしても、兼宗亡き後、家督を相続したと考えても良いのではないかと考える。

『新修彦根市史 第二巻通史編 近世』に「井伊直政は、土佐の長曾我部盛親に大坂に上ることを勧めるため、家臣河手内記・梶原源右衛門を使者として派遣してい たが、十月はじめ、盛親は浦戸城を出て、十二日に大坂に着き謹慎した。」という古文書が残っている。井伊家の家臣のように記載があるが、井伊家分限帳を調べる限りは梶原源右衛門の名前がないことから、戸田家預かりの身で船を操船できることから声がかかったのであろう。

徳川家康、井伊直政、戸田左門とそうそうたる面々と対面していたことになる。

藤堂藩に仕えてからは、源之丞家と源右衛門家と二家に分かれることになるが、源之丞家は源右衛門が戸田家から養子を迎えていることから初代源之丞家としたのであろう。

一方、源右衛門家は北条水軍の梶原家としての血筋ということで源右衛門を代々名乗ったと思われる。

~1600年 梶原源右衛門   石田三成 舅の尾藤頼忠預かり   尾藤 頼忠 1600年 近江佐和山城 留守居
戸田 左門預かり  戸田 一西(1543年~1602年) 1601年 大津藩主
井伊直政(初代近江佐和山藩主)から長宗我部盛親への書状を依頼される。  井伊 直政(1561年~1602年) 近江膳所藩主(現在の大津市)
 戸田 氏鉄(1576年~1655年) 1603年 近江膳所藩主(現在の大津市)
1615年 源右衛門養子の戸田金左衛門 大津代官鈴木左馬之介と諍いを起こす。
戸田家を離れ、京都に移住 梶原源左衛門直景は摂津に移住
1616年 戸田氏鉄 摂津尼崎へ移封
1617年~ 梶原源右衛門 姫路藩本多忠政に船奉行として仕官
1635年 戸田氏鉄 美濃大垣藩主
1639年~ 梶原源右衛門 本多藩を離れる。
梶原与兵衛 船奉行500石、梶原源八郎(七人扶持) が本多政勝に仕官
1644年  梶原源左衛門 梶原源左衛門直景 尾張藩に150石で仕官
 戸田 氏信(1600年~1681年) 1651年 戸田氏信 美濃大垣藩第2代藩主
1653年  藤堂藩初代 梶原源之丞 梶原源右衛門嫡男 源之丞 藤堂藩に150石で仕官
 戸田 氏西(1627年~1684年) 1671年 戸田氏西 美濃大垣藩第3代藩主
1674年 梶原与兵衛 船奉行500石、梶原源八郎(七人扶持) 本多政長時代に牢人
1675年  梶原与兵衛 藤堂藩から合力米拝領 現在の天理市福住に1年間住んで待機
藤堂藩初代 梶原源右衛門 藤堂藩に仕官 4年後500石、その後、普請奉行として600石。

梶原 家 家紋[編集]

藤堂藩 梶原 源之丞 家の家紋は並び矢で、藤堂藩 梶原 源右衛門 家の家紋は丸に違い矢である。柔術 制剛流の梶原 源左衛門直景 家の家紋も同じ丸に違い矢である。[11]

並び矢は単に矢筈だけで、矢筈も黒一色の家紋であるのに対し、丸に違い矢は一般的な矢筈を違えた違い矢である。

一般的に並び矢が本家、違い矢は分家とされている。梶原 景宗の嫡流から並び矢を継いだのかは定かではない。藤堂藩に仕官して初代 源之丞を名乗り、代々 源之丞家を名乗っていることから考えると、北条水軍の流れとは別という意図が感じられる。

一方、梶原 源右衛門 家は、北条水軍の源右衛門の名前を代々、受け継いでおり、柔術 制剛流の梶原 源左衛門直景 家の家紋も同じ丸に違い矢である。

参考文献[編集]

  • 『後北条氏家臣団人名辞典』東京堂出版、2006年、ISBN 4490106963
  • 『古老遺筆』国立国会図書館: 講史資料; 著者: 講史会 編; 出版者: 松栄堂; 出版年月日: 明29.10; 請求記号: 73-164;
  • 『名古屋市史人 物編第2』
  • 『名古屋叢書続編第20巻』
  • 『静岡県史 資料編 中世四』
  • 『新訂姫路城史 中巻』臨川書店 
  • 『大和郡山市史 史料集』の「内記政勝公御家中分限帳」(旧山崎藩本多家蔵)
  • 『宗国史』および[増補]藤堂高虎家臣辞典附分限帳等  佐伯朗 〔著〕; 出版者: 〔佐伯朗〕; 出版年月日: 〔1994〕
  • 三重県総合博物館資料 馬岡家文書元禄五年藤堂藩家中由緒書

脚注[編集]

  1. ^ 『古老遺筆』国立国会図書館: 講史資料; 著者: 講史会 編; 出版者: 松栄堂; 出版年月日: 明29.10; 請求記号: 73-164;
  2. ^ 『名古屋市史人 物編第2』、『名古屋叢書続編第20巻』
  3. ^ 『静岡県史 資料編 中世四』
  4. ^ 伊賀市所蔵「多羅尾家系図」より
  5. ^ 『新訂姫路城史 中巻』臨川書店
  6. ^ 伊賀市所蔵「多羅尾家系図」より
  7. ^ 『大和郡山市史 史料集』の「内記政勝公御家中分限帳」(旧山崎藩本多家蔵)より
  8. ^ 『宗国史』および[増補]藤堂高虎家臣辞典附分限帳等
  9. ^ 『宗国史』および[増補]藤堂高虎家臣辞典附分限帳等
  10. ^ 三重県総合博物館資料 馬岡家文書元禄五年藤堂藩家中由緒書
  11. ^ 『名古屋市史人 物編第2』、『名古屋叢書続編第20巻』
[ヘルプ]