桜本坊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
桜本坊
Sakura-honbo Yoshino Nara01n4272.jpg
山門
所在地 奈良県吉野郡吉野町吉野山1269
位置 北緯34度21分40.5秒
東経135度51分49.3秒
座標: 北緯34度21分40.5秒 東経135度51分49.3秒
宗派 金峯山修験本宗
寺格 別格本山
本尊 神変大菩薩
創建年 伝・天武天皇2年(673年
開基 伝・天武天皇
札所等 役行者霊蹟札所
文化財 役行者像・釈迦如来坐像・地蔵菩薩坐像(国の重要文化財)
テンプレートを表示

桜本坊(さくらもとぼう)は奈良県吉野郡吉野町にある金峯山修験本宗別格本山。大峯山寺の護持院5箇院の1つでもある。本尊は神変大菩薩(役行者)。山伏文化の殿堂と言えるほど多くの文化財が残されている。役行者霊蹟札所。正式な表記は櫻本坊。

歴史[編集]

伝承によれば、天智天皇から逃れた弟の大海人皇子(後の天武天皇)は、「桜本坊」の前身である日雄(ひのお)離宮にとどまっていた。ある冬の日に桜が咲き誇っている夢を見た皇子が役行者の高弟・日雄角乗(ひのおのかくじょう)に訊ねたところ、「桜の花は花の王と云われ,近々皇位に着くよい知らせです」と答えた。その後、壬申の乱に勝利し,皇位に着いた天武天皇は、夢で見た桜の木の場所(日雄離宮)に寺を建立したとされる。

文禄3年(1594年)に行われた豊臣秀吉の花見の際には、関白・秀次の宿舎となった。もとは金峯山寺の蔵王堂の前に在って密乗院と称していたが、明治初年の神仏分離の際に「桜本坊」と改称された。現在は宿坊も営む。

建造物[編集]

  • 本堂
  • 諸仏堂 

文化財[編集]

重要文化財[編集]

  • 銅造釈迦如来坐像
  • 木造地蔵菩薩坐像
  • 木造役小角像
    • 全国の修験系寺院に祀られている数多い役行者像の中でも、鎌倉彫刻として最も優れた像とされる。

奈良県指定文化財[編集]

  • 桜本坊のギンモクセイ(天然記念物)

アクセス[編集]

近鉄吉野線吉野駅より吉野ロープウェイ乗り換え「吉野山」下車、徒歩約30分。または吉野山駅からバスで8分の「竹林院前」下車、徒歩2分

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

櫻本坊