桑田義備

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

桑田 義備(くわだ よしなり、1882年(明治15年)10月5日 - 1981年(昭和61年)8月13日)は、植物細胞学者。京都大学名誉教授。大阪府生まれ。

細胞核分裂染色体数の決定や配列に関する研究を行う[1]

1918年に徳川義親により東京府荏原郡平塚村小山に設立された私立の徳川生物学研究所の所長を務める[2]

その後、京都帝国大学へ赴任[2]

1953年「染色体構造の研究」で日本学士院賞受賞、同年より日本学士院会員[1]

1962年文化勲章受章[2]。主著に『染色体の構造』『細胞核の分裂』[1]

脚注[編集]

参考文献[編集]

  • 科学朝日 『殿様生物学の系譜』 科学朝日、朝日新聞社、1991年ISBN 4022595213