桃原茂太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
桃原茂太

桃原 茂太(とうばる[1] / ももはら[2] しげた、1892年明治25年)11月18日 - 1955年昭和30年)2月28日[1])は、沖縄県出身の弁護士実業家政治家衆議院議員

経歴[編集]

宜野湾間切大謝名(現宜野湾市)で、桃原正裕の長男として生まれる[1][3][4]沖縄県第一中学校第五高等学校を経て、1918年東京帝国大学法科大学法律学科(独法)を卒業[1][2][3]。その後、東洋拓殖 (株) に入社。同参事、同監事、同太田及び釜山支店支配人、日蘇石油販売 (株) 専務取締役などを務めた[1][2][3]

1934年、帰郷して那覇市松山町で弁護士を開業[1][3]1942年4月の第21回衆議院議員総選挙で沖縄県選挙区から出馬し、翼賛政治体制協議会の非推薦候補であったが当選し衆議院議員を一期務めた[1][2]

戦後、琉球海運 (株) が設立され社長に就任[1]。また、沖縄社会大衆党の創立にも参加した[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 『沖縄大百科事典』中巻、901頁。
  2. ^ a b c d 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』647頁。
  3. ^ a b c d 『沖縄県人事録』230頁。
  4. ^ 『人事興信録』第13版 下、「桃原繁太」モ16頁。

参考文献[編集]

  • 衆議院・参議院『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』大蔵省印刷局、1990年。
  • 沖縄大百科事典刊行事務局編『沖縄大百科事典』中巻、沖縄タイムス社、1983年。
  • 沖縄朝日新聞社編『沖縄県人事録』沖縄朝日新聞社、1937年。
  • 人事興信所編『人事興信録』第13版 下、1941年。