桂米輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
かつら 米輔よねすけ
.mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}桂(かつら) .mw-parser-output ruby>rt,.mw-parser-output ruby>rtc{font-feature-settings:"ruby"1}.mw-parser-output ruby.large{font-size:250%}.mw-parser-output ruby.large>rt,.mw-parser-output ruby.large>rtc{font-size:.3em}米輔(よねすけ)
結三柏は、桂米朝一門定紋である。
本名 古山こやま 元昭もとあき
生年月日 (1950-11-17) 1950年11月17日(70歳)
出生地 日本の旗 日本大阪府大阪市住之江区
師匠 3代目桂米朝
弟子 桂鞠輔
活動期間 1970年 -
活動内容 上方落語
所属 米朝事務所
公式サイト 桂米輔の公式ホームページ<桂米輔新聞>
備考
上方落語協会理事

桂 米輔(かつら よねすけ、1950年11月17日 - )は大阪府大阪市住之江区出身大阪府立茨木高等学校卒業の落語家。本名は古山こやま 元昭もとあき

人物[編集]

1970年4月、3代目桂米朝に入門。同年10月の京都東山安井金比羅会館での「桂米朝落語研究会」にて初舞台。米朝事務所所属。上方落語協会理事。自称コボちゃん似、愛称は「ポンちゃん」。

江戸落語の噺家で落語芸術協会理事の桂米助と読みが同じだが、こちらはヨネスケを名乗る方が多い。

川柳結社「二匹目のどぜう」会長。の名手としても知られ、その教えを受けた上方落語家は数多い。天満天神繁昌亭の落語家入門講座の講師。

弟子[編集]

出典[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]