桂慶治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

桂 慶治(かつら けいじ)は上方落語名跡。現在は空き名跡となっている。

初代桂文治の登場から大正期まで、「慶治」を名乗る人物が数人確認できる。ただし、桂慶枝、慶司などの表記があり、何人いたかは不明。

本項では、4代目桂文治門下の慶治について述べる。


桂 慶治かつら けいじ
生年月日 不詳年
没年月日 1892年
出身地 日本の旗 日本
師匠 4代目桂文治
活動期間  ? - 1892年
活動内容 上方落語

初代?桂 慶治1823年?・1835年? - 1892年ころ)は、落語家上方噺家)。本名、出生地不詳。

経歴[編集]

4代目桂文治門下で、初代桂文枝の弟弟子にあたる。安政時代から名が見え、また桂力造を名乗ったともいわれる。長らく京都を拠点とした。「京の慶治」と言われ、幕末から明治初期にかけて京都落語界の中心人物だった。1874年に初代文枝が没し、1878年頃に大阪に戻る。以降、上方で古老として活躍。

芝居噺人情噺落とし噺が得意であった。特に芝居噺が得意で、初代桂文我も薫陶を受けている。十八番は「三人兄弟」であったという。また5代目笑福亭松鶴の『上方はなし』によると、「立ち切れ線香」が十八番だったというが、これは間違いの可能性が高い(慶枝を名乗った3代目桂文都と間違っている可能性がある)。

門下に慶枝(のちの3代目笑福亭松鶴)、扇太郎(のちの初代桂枝太郎)、慶三(のちの2代目桂文昇)らがいた。

出典[編集]

  • 『落語系圖』(月亭春松編)
  • 『古今東西落語家事典』(平凡社、1989年)
  • 『ご存じ古今東西噺家紳士録』(CD-ROM、APP、2005年)