栗村実

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

栗村 実(くりむら みのる、1971年 - )は、日本映画監督である。

茨城県友部町(現笠間市)出身[1]国際基督教大学卒業後、コロンビア・カレッジ・ハリウッド(en:Columbia College Hollywood)映画学科修了。[2]

作品[編集]

  • 短篇「スタジオワーク」(2005年) - SKIPシティ国際Dシネマ映画祭短編部門入選。
  • 工業哀歌バレーボーイズ」(2006年):プロデューサー
  • 「工業哀歌バレーボーイズ」THE MOVIE (2008年):製作
  • 「飯と乙女」(2010年):脚本・編集・プロデューサー・監督 - 初長編監督作品。モスクワ国際映画祭最優秀アジア映画賞受賞。
  • 「映画版 ふたりエッチ」 (2011年):プロデューサー
  • 「映画版 ふたりエッチ セカンド・キッス」 (2011年):プロデューサー
  • 桜、ふたたびの加奈子」 (2012年):監督・編集・脚本[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]