染田秀藤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

染田 秀藤(そめだ ひでふじ、1944年12月 - )は、日本の歴史学者、ラテンアメリカ史学者、大阪大学名誉教授。

経歴[編集]

1970年神戸市外国語大学イスパニア語専攻修士課程修了、1968年英知大学助手、1970年専任講師、1975年助教授、1977年大阪外国語大学助教授、1988年教授、2007年大阪大学人間科学研究科教授、2012年、阪大を定年退職し、関西外国語大学教授。ラス・カサス研究に始まり、西洋人によるラテンアメリカ侵略の歴史を追い続けている。2005年ペルー・カトリック大学名誉博士号授与、2008年『インカの反乱』などの翻訳で会田由賞受賞。

著書[編集]

  • ラス・カサス伝 新世界征服の審問者 岩波書店 1990
  • 大航海時代における異文化理解と他者認識 スペイン語文書を読む 溪水社 1995
  • ラス=カサス 清水書院 1997
  • インカ帝国の虚像と実像 講談社選書メチエ 1998

共著・編著[編集]

  • ラテンアメリカ史 植民地時代の実像 世界思想社 1989
  • アンデスの記録者ワマン・ポマ インディオが描いた<真実> 友枝啓泰共著 平凡社 1992
  • ラテンアメリカ 自立への道 世界思想社 1993
  • アンデス文化を学ぶ人のために 友枝啓泰共編 世界思想社 1998
  • 他者の帝国 インカはいかにして「帝国」となったか 関雄二共編 世界思想社 2008
  • アンデス世界 ― 交渉と創造の力学 関雄二・網野徹哉共編 世界思想社 2012

翻訳[編集]

  • カール5世 アンリ・ラペール 白水社・文庫クセジュ 1975
  • インディアスの破壊についての簡潔な報告 ラス・カサス 岩波文庫 1976 改版2013
  • スペインの新大陸征服 ルイス・ハンケ 平凡社 1979
  • イスパノアメリカ 植民地時代 チャールズ・ギブソン 平凡社 1981
  • イスパノアメリカの征服 マリアンヌ・マン=ロ 白水社・文庫クセジュ 1984
  • アンデスの反乱 独立の先駆者トゥパク・アマル ダニエル・バルカルセル 平凡社 1985
  • インカの反乱 被征服者の声 ティトゥ・クシ・ユパンギ 岩波文庫 1987
  • 神か黄金か 甦るラス・カサス グスタボ・グティエレス 岩波書店 1991
  • 征服戦争は是か非か フワン・ヒネース・デ・セプールベダ 岩波書店 1992
  • 神々とのたたかい 1 サアグン 篠原愛人共訳 岩波書店 1992
  • 激動期アンデスを旅して シエサ・デ・レオン 岩波書店 1993
  • カリブ海植民者の眼差し オビエード 篠原愛人共訳 岩波書店 1994
  • インディオは人間か ラス・カサス 岩波書店, 1995
  • メキシコ史 フランソワ・ウェイミュレール 白水社・文庫クセジュ 1999
  • 月と太陽と魔女 ジェンダーによるアンデス世界の統合と支配 アイリーン・シルバーブラット 岩波書店 2001
  • インディヘニスモ ラテンアメリカにおける先住民擁護運動の歴史 アンリ・ファーヴル 白水社・文庫クセジュ 2002
  • 征服者ピサロの娘 ドーニャ・フランシスカ・ピサロの生涯 1534-1598 マリア・ロストウォロフスキ 世界思想社 2008