柏岡富英

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

柏岡 富英(かしおか とみひで、1948年 - )は、日本社会学者

人物・経歴[編集]

兵庫県出身。関西学院高等部を経て、1973年関西学院大学経済学部卒業。1979年デューク大学大学院社会学研究科博士課程修了。

関西外国語大学助教授、国際日本文化研究センター助教授、京都女子大学現代社会学部教授・部長を経て、2007年より京都文教大学総合社会学部教授を務めた後、2018年3月をもって退職。

著作[編集]

単著[編集]

共訳[編集]

  • H・D・ダンカン『シンボルと社会』(中野秀一郎と共訳、木鐸社
  • ピーター・ペイン『マーシャル・アーツ―武術の霊的次元―』(柏岡祐子との共訳、平凡社
  • S・N・アイゼンシュタット『日本―比較文明的考察(一)』(梅津順一と共訳、岩波書店