柄井川柳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
からい せんりゅう
柄井 川柳
Karai Senryu.jpg
国書刊行会『誹風柳樽全集』(1924)より柄井川柳
生誕 勇之助
1718年????
死没 1790年10月30日
別名 八右衛門
職業 前句付け点者・名主

柄井 川柳(からい せんりゅう、享保3年(1718年) - 寛政2年9月23日1790年10月30日))は、江戸時代中期の前句付け点者。名は正道。幼名勇之助。通称は八右衛門。柄井家は代々江戸浅草新堀端の竜宝寺門前町の名主(なぬし)の家系で、宝暦5年に家を継いで名主となった。

はじめは談林派俳諧の点者であったといわれるが定かではない。宝暦7年8月25日1757年10月7日)前句付の点者として無名庵川柳と号し、最初の万句合を興行している。

これ以降、月3回5のつく日に句合を興行している。宝暦12年10月15日1762年11月30日)の句合には総句1万句を超し、その流行ぶりがうかがえる。川柳(八右衛門)の出題は前句付の14字題と冠付のみであり、総句高に対する番勝句の比率も高い。新しい趣向を好み、選句眼にも優れていたことが、上級武士も含め江戸における前句付作者にこのまれた。

明和2年(1765年)7月呉陵軒可有(ごりょうけんあるべし)の協力を得て刊行された「誹風柳多留」は、川柳評前句付の流行に拍車をかけた。後、前付句が独立して川柳と呼ばれるようになった。1790年死去。辞世の句は「木枯らしや 跡で芽をふけ 川柳」であったと伝えられている。

なお、川柳の号は16世(尾藤川柳)まで受け継がれている。

「川柳発祥の地」の碑[編集]

柄井川柳が最初の万句合を興行した場所の推定跡地に「川柳発祥の地」の碑がある。

「川柳発祥の地」の碑

碑の場所は、東京都台東区蔵前4丁目37(三筋二丁目交差点の南東角)

碑文は以下のとおり

『宝暦7年(1757年)8月25日、当地(旧浅草新堀端天台宗龍宝寺門前)里正柄井八右衛門、無名庵川柳と号し、初めて万句合を開巻す。爾来文運旺んに、遂には文芸の名をもって呼ばれ、今日に至る川柳隆盛の礎を開く。本年その250年に当たって後学相諮り、一碑を建てて開祖の遺業を顕彰し、永く歴史に留めんと祈念するものなり。平成19年(2007年)8月25日、川柳250年実行委員会』

関連文献[編集]

  • 鈴木勝忠 『柄井川柳 無作の指導者』 新典社〈日本の作家〉、1982年ISBN 4787970313
  • 『初代川柳選句集』千葉治校訂 岩波文庫、1960 
  • 芳忠淳尾藤一泉編『柳のしおり 九世柄井川柳・前島和橋をたずねて』玄武堂出版 2005