林悌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
林悌
誕生 1549年????
死没 1587年????
職業 文人
ジャンル 文学
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示
林悌
各種表記
ハングル 임제
漢字 林悌
発音: {{{nihonngo-yomi}}}
テンプレートを表示

林悌、林白湖1549年-1587年)は、李氏朝鮮時代の文人儒者両班

逸話[編集]

病死する際に以下の言葉を残して悲嘆にくれながら死んだ[1]黄文雄の校訂訳を付す[2]

四海諸國, 未有不稱帝者, 獨我邦終古不能, 生於若此陋邦, 其死何足惜.

〈四夷八蛮が皆中原に入ったのにただただ朝鮮だけできずにいる。こんな情けない国に長生きしていてもどうにもならない。〉

はこれを歴史上長城外の夷狄だけでなく、西南のチベット系民族吐蕃でさえ中華世界を一度は征服するか、都を占領し脅威を与えているのに、朝鮮だけは中華の脅威になったことすらなく、朝鮮は大中華に君臣の礼、君父に忠のみである、との慷慨であると紹介する[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 李瀷「星湖僿說」卷九, 「人事門」, 􋺷국역 성호사설􋺸(1976), pp.22~23. 「善戱謔」, “林白湖悌, 氣豪不拘檢, 病將死, 諸子悲. 林曰,‘四海諸國, 未有不稱帝者, 獨我邦終古不能, 生於若此陋邦, 其死何足惜.’命勿哭. 又常戱言,‘若使吾値五代六朝, 亦當爲輪遞天子.’ 一世傳笑.”『조선중기 漢詩에서의 典型 意象의 계승과 美感의 확충(Ⅱ)』林濬哲(北京大学比較文学與比較文化研究所招聘学者 語文研究2005)[1]P.358脚注。
  2. ^ a b WiLL』06年11月号 韓国・北朝鮮を永久に黙らせる100問100答