林厳雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

林 厳雄(はやし いづお、1922年5月1日 - 2005年9月26日)は日本の物理学者である。男性。東京都出身。半導体レーザーの実現に功績があった。

経歴[編集]

東京大学理学部物理学科卒業。東京大学原子核研究所助教授を経て1963年渡米、ベル研究所研究員であった1970年室温での半導体レーザーの連続発振に成功した。1971年に帰国、日本電気中央研究所などで研究した。2001年にはモートン・パニッシュとソビエトでレーザーの連続発振に成功した。

後述の京都賞の賞金をもとに応用物理学会光・電子集積技術業績賞(林厳雄賞)が設けられた。

受賞歴[編集]