松田保

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

松田 保(まつだ たもつ、1948年 - )は、滋賀県近江八幡市出身のサッカー指導者。学校法人ヴォーリズ学園副学園長。

経歴[編集]

滋賀県立彦根東高等学校ではアメリカンフットボール部に所属。金沢大学教育学部特別体育学科にてサッカー指導者としての教育を受ける。教師として初赴任先の甲南高校では初年度からサッカー部監督に就任。その後は守山高校サッカー部、守山北高校サッカー部監督を歴任。 1982年度には守山高校を率いて全国高校選手権ベスト4進出、1994年度には守山北高校でもベスト4進出を果たす。

1993年から1995年までは小野伸二稲本潤一ら「黄金世代」を擁したU-17日本代表監督を務め、FIFA U-17世界選手権に出場した。

2001年にS級ライセンスを取得。2003年にびわこ成蹊スポーツ大学教授およびサッカー部総監督、滋賀県サッカー協会副会長・技術委員長に就任した。

びわこ成蹊スポーツ大学監督時代には、関西学生サッカー連盟へ加盟から1部優勝まで最短優勝を果たす。

Jリーグ入りを目指して2005年に発足した滋賀FCにも準備委員会スタッフとして関わっている。

2014年4月~2018年3月大和大学教育学部教授

2018年4月より学校法人ヴォーリズ学園副学園長

現在

指導歴[編集]