松炭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
松炭市から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
平沢市庁松炭出張所

松炭(ソンタン、朝鮮語: 송탄)は、京畿道平沢市の北東部を指す地名。 1914年振威郡朝鮮語版の一炭面(イルタンミョン、일탄면)、松長面(ソジャンミョン、송장면)、餘方面(ヨバンミョン、여방면)などが統合されて松炭面(ソンタンミョン、송탄면)となり、松炭という地名が初めて付けられた。 一説には、「松荘」(ソジャン)、「炭峴」(タンヒョン)という地名から合成されたともいう[1]

朝鮮戦争中の1952年、米軍の飛行場である烏山空軍基地が設けられ、軍事基地の周辺に商業・歓楽地域であるいわゆる基地村が形成され、議政府市東豆川市倭館邑朝鮮語版とともに、軍事都市朝鮮語版が急激に成長した代表例となった[2]1963年に松炭邑、1981年には松炭市と順調に昇格したが、1995年に全国的な市郡統合の中で平沢市の一部となり、同時に従来の松炭市や周辺の面を管轄する平沢市庁松炭出張所が設置され、現在に至っている。

かつての松炭の中心地の住居表示は、平沢市新場洞(シンジャンドン:신장동)となっており[1]、米軍基地の正門付近には1998年に竣工した新場(シンジャン)ショッピングモールがある[3]。一帯は、ハンバーガー店など、米兵相手の商売に由来する店も多く見かけられる[1]、純然たる韓国の地方都市とは異なる異国情緒があり、ソウル特別市梨泰院になぞらえて「リトル梨泰院」とも称され、平沢市松炭観光特区(평택시 송탄 관광특구)が設定されて、観光地としての整備が進められている[3]

歴史[編集]

松炭邑の街頭。1981年3月1日、撮影。
朝鮮総督府令 第111号
旧行政区域 新行政区域
振威郡 一炭面 松炭面 독곡리, 신장리
振威郡 松長面 松炭面 가재리, 이충리, 장안리, 지산리
振威郡 餘方面 松炭面 도일리, 모곡리, 칠괴리, 칠원리
振威郡 所古尼面 (소고니면) 松炭面 서정리, 장당리

旧・松炭市[編集]

1981年7月1日、松炭邑が松炭市へ昇格した。

松炭市は、1994年日本自治体国際化協会を通して青森市に友好交流をもちかけ、同年11月18日に青森市との「教育・文化等の友好交流に関する協定」を締結した。この提携は、1995年5月10日に合併によって成立した平沢市にも継承され、合併後の8月28日に、平沢市と青森市の間で協定が改めて結ばれた[10]

人口[編集]

松炭市の年度別人口(外国人を除く「内国人」の人口)の推移。

年度 総人口
1985年 66,310人
1990年 77,357人

ギャラリー[編集]

座標: 北緯37度05分 東経127度03分 / 北緯37.083度 東経127.050度 / 37.083; 127.050

脚注[編集]

  1. ^ a b c 八田靖史 (2000年2月26日). “コリアうめーや!!第292号”. 八田靖史. 2019年11月7日閲覧。
  2. ^ a b 법률 제4948호 경기도평택시등5개도농복합형태의시설치등에관한법률(1995年5月10日
  3. ^ a b 韓国観光公社. “平沢市松炭観光特区(평택시 송탄 관광특구)”. www.koreatriptips.com. 2019年11月7日閲覧。
  4. ^ 朝鮮総督府令 第111号(1913年12月29日
  5. ^ 朝鮮総督府令 第196号(1938年9月27日
  6. ^ 법률 제1177호 읍설치에관한법률1962年11月26日
  7. ^ 법률 제3425호 광명시등시설치와군관할구역변경에관한법률1981年4月13日
  8. ^ 시조례 제197호(1996年4月19日
  9. ^ 시조례 제353호
  10. ^ 青森市...平澤(ピョンテク)市(大韓民国、京畿道 (PDF)”. 青森県. 2019年11月7日閲覧。

関連項目[編集]