コンテンツにスキップ

松浦麻琴

半保護されたページ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松浦 麻琴
Makoto Matsuura
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-09-09) 1986年9月9日(37歳)
出身地 日本の旗 福岡県朝倉市
ラテン文字 Makoto Matsuura
身長 173cm
体重 70kg
血液型 B型
選手情報
所属 福岡ギラソール
愛称 マコ
役職 コーチ
ポジション S
指高 226cm
利き手
スパイク 288cm
テンプレートを表示

松浦 麻琴(まつうら まこと、1986年(昭和61年)9月9日 - )は、日本の元女子バレーボール選手、指導者。

来歴

福岡県朝倉市出身[1]。背が高かったので両親に勧められ、中学1年からバレーボールを始める。

2008年嘉悦大学4年次に大学3冠 (春季リーグ、東日本大学選手権東西インカレ)に大きく貢献。同大学監督の米山一朋は、「チームの勝敗だけ考えれば松浦はライトで起用した。これからの全日本チームには身長の高いセッターが絶対に必要」と語り、松浦をセッターとして育成した。

2009年4月、日立佐和リヴァーレに入部し、同年7月、ユニバーシアードベオグラード大会に出場した。

2009/10シーズンにはチャレンジリーグ最優秀新人賞を獲得した。

2010年、日立を退団。同年8月、NECレッドロケッツに移籍した[2]2011年3月、全日本女子チームにメンバー登録され[3]、同年6月モントルーバレーマスターズで国際試合デビューを飾った。

2012年V・サマーリーグで2連覇を果たした。2012/13Vプレミアリーグではレギュラーラウンド1位の好成績を残した。

2014年、現役引退[4]。現役最後のシーズンは痛みを抱えながらトスを上げていた[5]

2020年V.LEAGUE入りを目指す地元のバレーボールチームである福岡春日シーキャッツのコーチに就任[6]

2021年4月の、チームの大幅な体制変更が起こったのを機に福岡春日シーキャッツを退団し、同じ福岡に設立され、前監督(高尾和行)が監督を務める福岡ギラソールのコーチに就任した[7]

球歴

  • ユニバーシアード代表 - 2009年
  • 全日本代表 - 2011年、2013年

受賞歴

所属チーム

脚注

  1. ^ 松浦麻琴”. Vリーグ機構. 2016年4月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月10日閲覧。
  2. ^ 松浦 麻琴選手の加入について』(プレスリリース)NECレッドロケッツ、2010年8月26日https://w-volley.necsports.net/topics_detail1/id=1912020年9月10日閲覧 
  3. ^ 2011年度全日本女子バレーボールチーム登録メンバー発表[1] (PDF)
  4. ^ NEC女子バレーボール部 2013年度勇退選手・スタフのお知らせ』(プレスリリース)NECレッドロケッツ、2014年6月2日https://w-volley.necsports.net/topics_detail1/id=7762020年9月10日閲覧 
  5. ^ 2013年度勇退選手のメッセージ・贈る言葉 -松浦 麻琴-』(プレスリリース)NECレッドロケッツ、2014年6月4日https://w-volley.necsports.net/topics_detail1/id=7812020年9月10日閲覧 
  6. ^ 市長の動き(令和2年度7月) → 福岡春日シーキャッツが表敬訪問(令和2年7月21日)”. 春日市 (2020年7月). 2020年9月10日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ コーチ・松浦麻琴”. 福岡ギラソール. 2021年10月14日閲覧。

外部リンク