松浦漬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

松浦漬(まつうらづけ)は、佐賀県郷土料理である。

の上顎付近の軟骨であるかぶら骨を刻み、水にさらして脂を抜いたのちに酒粕に漬けた、唐津市呼子名産の珍味。有限会社松浦漬本舗で製造されており、同社サイトによると、平凡社の百科事典作成の際に日本珍味五種の一つとして挙げられたという。

企業としての松浦漬[編集]

有限会社松浦漬本舗
種類 有限会社
略称 松浦漬
本社所在地 日本の旗 日本
847-0304
佐賀県唐津市呼子町殿ノ浦5番地
設立 1892年(明治25年)
業種 食料品
事業内容 「松浦漬」などの製造・販売
外部リンク http://www.matsuurazuke.com/
テンプレートを表示

有限会社松浦漬本舗(まつうらづけほんぽ)は、佐賀県唐津市呼子町に本社・本店を置く日本食品加工会社である。1892年明治25年)創業。鯨の軟骨漬「松浦漬」の他、西京漬や海鮮しゅうまいなど海産物の加工食品の製造・販売を行っている。主力商品の松浦漬は、広島県東広島市の酒造メーカーから仕入れた酒粕を使用している。

外部リンク[編集]