松本益吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

松本 益吉(まつもと ますきち、1870年 - 1925年)は日本の神学教育者である。

広島に生まれ、メソジスト宣教師J・W・ランバスから洗礼を受ける。関西学院神学部に入学したが、中退し渡米する。アズベリー神学校ヴァンダービルトイェール大学で学ぶ。

1902年帰国すると、関西学院神学部の教授に就任し、新約聖書学を教える。1920年に関西学院副院長に就任する。国際連盟協会、日米協会の幹部として国際親善にも貢献する。1925年に死去する。

著書・訳書[編集]

  • 『新約聖書神学』1937年
  • 『イエスの教え』(ジョージ・スティーブンス著)

参考文献[編集]

  • 『日本キリスト教歴史大事典』教文館、1988年